COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

YouTube広告の出し方とは?設定方法や広告効果を上げるためのポイントを紹介!

コラム_YouTube広告出し方
更新:

YouTubeは、年代を問わず多くの方に利用されている人気の動画配信サービスです。YouTubeに広告出稿するYouTube広告は、企業規模を問わず多くのユーザーに認知を拡大できるため、訴求効果が高い広告手段といえるでしょう。

しかし、YouTube広告の訴求効果を引き出すためには、設定や運用にノウハウが必要です。本稿では、YouTube広告の出し方や気になる料金などについてご紹介します。

YouTube広告に関するご相談はこちらicon_arrow

YouTube広告とは?

コラム_YouTube広告出し方

YouTube広告とは、文字通りYouTubeを活用した広告です。以下では、特徴やメリットについてご紹介します。

YouTube広告の特徴

「YouTube広告」はGoogleが提供しているGoogle広告の一部ですが、一般的にはYouTubeを活用した動画広告として使用されます。YouTube広告を使うとYouTubeのトップページや動画の再生前後などに広告を表示可能です。

総務省の調査によると、YouTubeの利用者数は、世代を問わず多くのユーザーが使用されていると発表されています。そのため、YouTube広告はBtoBやBtoCといった企業の属性を問わず効果的に訴求できる広告手段といえるでしょう。

出典元:「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

YouTube広告は地域や年齢層、関心などを基に、広告を表示したいターゲット層を細かく絞り込むことができます。その結果、顕在層に広告をリーチできるだけでなく、再生時間や高評価数などの効果測定に使えるデータを取得できるのもYouTubeならではの特徴といえるでしょう。

YouTube広告のメリット

YouTube広告の大きなメリットは、幅広いターゲットに対して低コストで広告を出稿できることです。テレビCMや新聞広告などのマス広告とは、比較にならないほどの低コストであるため、資金力のない中小企業でも広いエリアに広告を出稿できます。

また、広告の効果に関するデータがリアルタイムで入手でき、マーケティングデータを取得したり、広告を素早く最適化したりすることが可能です。

さらに、情報量や表現力に優れた動画を広告にすることで、ユーザーが知りたい情報や商品の魅力を具体的に伝えられます。

YouTube広告を出稿する前に知っておくべきこと

コラム_YouTube広告出し方

YouTube広告を出稿するためには何が必要でしょうか。ここからは準備しておくべきことや、知っておくべきことについて確認しましょう。

用意するもの

YouTube広告を利用するためには、次の3つが必要です。

・Google広告のアカウント
・YouTubeチャンネル
・広告用の動画

Google広告のアカウントの設定では、Webサイトの情報や支払い情報などを設定する必要があります。「スマートモード」と「エキスパートモード」がありますが、エキスパートモデルは、機能面が向上しているものの複雑な管理が必要となるため、最初のうちはスマートモードを選択しましょう。

広告の種類と課金体系

YouTube広告には下表のように種類があり、それぞれ課金方法も違っています。内容やターゲットに合った広告をよく考えて選びましょう。

広告の種類 課金体系 内容
スキップ可能なインストリーム広告 ・CPV 単価
・目標インプレッション単価
・目標コンバージョン単価
・インプレッション数から選択
動画の再生前後または再生中に動画コンテンツを表示
※5秒経過するとスキップが可能
スキップ不可のインストリーム広告 ・目標インプレッション単価 動画の再生前後または再生中に動画コンテンツを表示
※スキップは不可
バンパー広告 ・目標インプレッション単価 動画の再生前、再生中、または再生後に6秒以内で再生
※スキップは不可
広告シーケンス ・目標インプレッション単価
・上限広告視聴単価
他の種類の広告を組み合わせて決まった順序で表示し、ストーリーを伝えられる
マストヘッド広告 インプレッション単価
※営業担当者を通してのみ利用可能
YouTubeホームの上部で音声なしで自動再生
※デバイスにより動画の時間制限が異なる

YouTube広告の詳細については、次の記事で詳しく紹介しています。興味がある方はぜひご一読ください。

YouTube動画広告の種類や配信方法、導入効果を高めるポイントを解説!

動画の入稿規定

YouTube広告で使用する動画は、広告の種類によって制限時間やアスペクト比が異なります。また、使用する動画はフォーマットをよく確認して制作しましょう。

広告の種類 動画の長さ
スキップ可能なインストリーム広告 制限なし(推奨:15~60秒)
スキップ不可のインストリーム広告 6秒~15秒
バンパー広告 6秒以下
項目 指定フォーマット
解像度 最大:3840×2160px(4K)
推奨:1920×1080px(フルHD)
最小:426×240px
アスペクト比 16:9
推奨ファイル形式 MP4
ファイルサイズ 128GB以下
動画の再生時間 上限なし(ただし、ファイルサイズや広告の種類によって制限される)

YouTube広告の出し方3ステップ

コラム_YouTube広告出し方

YouTube広告を出稿する場合、大きく3つのステップを経て行います。以下にて、各ステップの内容を見ていきましょう。

ステップ1:動画のアップロード

まず、広告に使う動画を事前にYouTubeにアップロードしておく必要があります。入稿規定に従って動画を制作し、「限定公開」としてアップロードしましょう。

ステップ2:広告の設定

広告の設定では、次のような項目を設定していきます。

・キャンペーン目標
広告キャンペーンで達成したい目標です。

・キャンペーンタイプ
広告キャンペーンの種類を選びます。YouTube広告であれば「動画」を選びます。

・キャンペーンのサブタイプ
選んだキャンペーンタイプに従って、より詳細なキャンペーンタイプを選択できます。

・キャンペーン名
広告キャンペーンを区別するための名前です。

・入札戦略
広告料金について決定します。

・予算と日程
「1日」または「キャンペーンの合計」の予算、期間を設定します。

・ネットワーク
どの広告ネットワークに広告を表示するかを指定します。

・地域
広告を表示する地域を指定できます。

・言語
ユーザーが設定している言語からターゲットを指定できます。

・コンテンツの除外
広告を表示したくないコンテンツや属性を指定できます。

・関連動画
動画広告の下に関連動画として表示する動画を指定できます。

・広告グループ
広告を表示するターゲットや表示場所についての希望、入札単価を指定できます。

・その他
上記の他、選んだキャンペーンタイプやサブタイプによって設定項目が変わるため、適宜設定を行います。

・動画広告の制作
上記の広告設定の最後に、YouTubeにアップした動画広告のURLを入力します。入力後、広告として必要な情報(遷移先のURLや見出しなど)の入力を求められます。

ステップ3:広告審査

広告を設定すると、広告の内容がポリシーに従っているか、内容が適切か、また対象年齢などの制限が必要なコンテンツかどうかについてGoogle側で審査を行います。審査はAIや人間による目視で行われ、多くは1営業日内で終わります。

審査に通過すると、ステータスが「有効」となり広告が表示されるようになります。

効果的なYouTube広告にするためのポイント

YouTube広告の効果を高めるには、どのような点に注意するとよいのでしょうか。以下、重要なポイントについて解説します。

フォーマットに合わせ、質の高い動画を制作する

YouTube広告における成功するには、「動画の品質」が重要です。

YouTubeユーザーは「動画を視聴する」ことが目的であり、広告を視聴したいわけではありません。また、YouTubeでは多くの動画広告が表示されています。こうしたなかで競合動画との差別化を図り、自社の広告を印象づけるためには動画の品質が重要になるでしょう。

動画の品質とは、画質や有名人の起用、演出の派手さなどではありません。ターゲットに刺さる動画、目的や成果に繋がる動画にするために工夫されているかが重要といえるでしょう。

例えば、スキップ可能なインストリーム広告であれば、スキップ可能になるまでの5秒で視聴者の心を掴むような演出上の工夫が求められます。数秒で終わるバンパー広告であれば、必要な情報を取捨選択し、何をどのような言葉と映像で訴求するかをよく検討する必要があるでしょう。

広告の目的・ターゲットを明確にする

動画の制作時は、広告の目的やターゲットを明確に定めることが大切です。

YouTube広告では配信するターゲット層を絞り込めるため、ターゲットに特化した動画が制作できます。不特定多数に向けた動画よりも、一部のターゲットに刺さる動画のほうが成果に繋がりやすいでしょう。

ターゲットを具体化したペルソナを設定し、共感を得て行動に繋げるためのフレーズやシナリオ、提供すべき情報をしっかり練ることが大切です。

ターゲット像が明確に設定されていれば、動画制作だけでなく広告の設定作業や運用もスムーズに行えます。

アクションを促す

動画からサイト閲覧や商品購入、問い合わせなどの目的達成に繋げるためには、動画内でアクションを促すことが大切です。

動画内にナレーションや映像、具体的なフレーズでアクションを要求すると、視聴者に嫌がられるのではないかと心配する方も多いですが、実際には動画内でアクションを要求することで、行動喚起を促すことができます。

効果測定を設定し、分析と改善を繰り返す

YouTube広告の効果を最大化するために、効果測定を行って改善を繰り返すことが重要なポイントです。広告効果について目標やKPIを決めておき、それに基づいて分析・評価し、改善策を検討していきます。

通常、広告の成果がすぐに出ることはありません。効果測定を行う際は、公開から2週間程度は様子を見るなど、事前にルールを決めておくとよいでしょう。

広告の配信設定については、分析や改善は比較的容易といえます。しかし、一度公開した動画の内容を変えることは大幅な時間がかかり難しいため、あらかじめ動画を複数本制作してABテストを行うのがおすすめです。

YouTube広告を活用して商品・サービスの認知を広げよう

コラム_YouTube広告出し方

YouTube広告はその特徴やメリットから、企業のマーケティングにおける活用が広がっています。広告効果を高めるために、YouTube広告の設定内容やポイントについてよく確認しておきましょう。

プルークスでは、動画制作やYouTube広告の配信設計について、他の広告代理店とは一線を画す豊富なノウハウを有しています。成果を左右するクリエイティブの制作から配信設計まで一気通貫でサポートし、多くのお客様から満足の声をいただいております。

YouTube広告の制作や出し方、運用でお悩みの企業様は、ぜひ一度お問い合わせください。

YouTube広告に関するご相談はこちらicon_arrow

YouTube広告の出し方に関してよくあるQ&A

ここからは、YouTube広告の出し方に関してよくある質問を、Q&A形式にてご紹介します。

Q. YouTube広告を出稿するためには何が必要ですか?

A.YouTube広告の出稿には次の3つが必要です。

・Google広告のアカウント
・YouTubeチャンネル
・広告で使用する動画

Q. YouTube広告にはどんな種類がありますか?

A. 「インストリーム広告」「バンパー広告」など多くの種類があります。

メリットや課金体系など違いがありますので、詳しくはお問い合わせください。

Q. YouTube広告の審査では何を見られますか?

A.「Google広告のポリシー」を基に、禁止コンテンツや禁止行為、制限すべき内容の有無、編集や技術的な部分の問題がないかをチェックされます。

Q. YouTube広告は自分で出稿できますか?外注の場合、どこに依頼すればよいですか?

A. YouTube広告は自分で出稿できます。外注する場合はWebマーケティング会社や広告代理店、動画制作会社などが主な依頼先となるでしょう。

YouTube広告は設定や効果の分析にノウハウが求められます。また、配信設定ではなくクリエイティブに根本的な問題がある場合もあるため、広告運用だけでなくクリエイティブの制作にも強い専門業者を選びましょう。YouTube広告を支援する企業の多くは、どちらか一方のみの対応が多いため、発注前によく確認することが大切です。

おすすめ記事

YouTube運用は代行してもらえる?代行費用の相場について紹介!

【最新】YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためにできること

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

YouTubeに関する人気記事

YouTube動画広告に関する人気記事

動画マーケティングに関する人気記事

動画広告に関する人気記事

YouTubeに関する新着記事

YouTube動画広告に関する新着記事

動画マーケティングに関する新着記事

動画広告に関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882