COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll
コラム_動画制作の相場

【最新】動画制作費用の相場を用途別に徹底解説!料金を抑えるコツも

公開:
|
更新:

YouTubeやSNS、スマートフォンの普及によって、動画は以前より身近なものになっています。そのため近年では動画の制作を検討する企業が増えていますが、動画制作をプロに依頼した場合はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

今回は、企業のマーケティング・広報担当者や動画制作を検討している方のために、動画の分野別に動画制作費の相場や費用を抑えるコツをお伝えします。

動画制作の相場一覧表

動画にはさまざまな種類があり、動画の種類によって制作費は大きく変わります。

こちらに動画制作料金の相場表をご用意しましたのでご参考ください。ただしあくまで相場の目安であり、出演者、演出などにより金額は変動します。

動画の用途・目的 動画制作の費用相場
広告(CM) 50万円〜500万円
会社・事業紹介動画 50万円〜200万円
商品・サービス・アプリ紹介映像 30万円〜100万円
お客様の声・インタビュー動画 30万円〜100万円
マニュアル(How to)動画 30万円〜80万円
施設・学校紹介動画 50万円〜200万円
新卒・中途採用動画 50万円〜200万円
教育研修動画 30万円〜80万円
社員総会・イベント動画 50万円〜200万円
IR動画 50万円〜150万円
展示会動画 50万円〜200万円
セミナー動画 30万円〜80万円

ご覧のように動画制作は相場金額の幅が広いため、検討の段階では費用のイメージがしにくいかもしれません。
制作したい映像アイディアが固まっていたり、参考映像がある場合はそちらを元に金額をお出しすることも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

動画制作の無料相談・お見積りはこちらicon_arrow

ここからは、動画の用途・目的ごとの料金相場について詳細に紹介します。

用途・目的別の動画制作費相場

広告(CM)

制作費用相場:50万〜500万円以上

CMや広告動画は、商品やサービスの効果を消費者やユーザーに手早く訴求するために10秒から30秒程度の尺になっています。普段テレビで目にする機会が多いため、身近な企業動画といえるでしょう。

また、テレビCMだけでなくYouTubeを始めとしたオンラインで流れるWebCMも広く活用されています。

一般的に、WebCMよりテレビCMのほうが制作費用は高額になる傾向があります。テレビCMは短時間で消費者に訴求する必要があるため、インパクトがありクオリティの高い動画制作する必要があるからです。

株式会社ロコンド様では、有名なタレントを起用したCMを公開しています。ターゲットを若者の女性向けに設定しており、共感性を持たせる演出を動画内で行っています。

会社・事業紹介動画

制作費用相場:50万〜200万円

会社紹介動画は会社の知名度を上げる目的や、会社の事業内容をステークホルダーに理解してもらうために制作します。ビジョンや理念を伝えるためにCGやグラフィックなどを演出で取り入れる場合、高額になることもありますが、提供いただける静止画素材などがあれば比較的安価に制作できるでしょう。

NTTスマートコネクト株式会社様の動画では、撮影素材や動画素材、グラフィックを使用することで、見てわかりやすい映像に仕上げています。

商品・サービス・アプリ紹介動画

制作費用相場:30万〜100万円

商品・サービスの紹介動画は、紙や写真などで伝えにくい情報を効果的に伝えることができます。特に商品の効果やサービス、アプリの動作といった、目に見えないもののビジュアル化に最適です。

文章や写真だけではわかりにくいサービスやアプリの利用例やサービスを受ける状況やアプリを使用した際の結果などを映像化することで、消費者は使用イメージを具体的に思い描くことができます。
目に見える商品でも、商品を使用することで得られる効果を映像化することで、商品を魅力的に見せることが可能です。

ラクスル株式会社様が提供する、ITデバイス & SaaS統合管理サービス「ジョーシス」の紹介映像です。世界感を大切に、イラストやBGMに細部までこだわり、利用シーンを実務レベルでイメージできるような映像になっています。

お客様の声・インタビュー動画

制作費用相場:30万〜100万円

インタビューやお客様の声は、実際に使用している人の話や様子を収録したインタビュー形式の動画です。
企業のWebサイト・店頭での放映や、企業紹介の動画への挿入など、さまざまな活用方法があります。

実際に商品を使用している人が伝えているため、消費者が知りたい具体的な使用感やメリットを効果的に訴求することができます。
インタビューやお客様の声を活用した動画は実写で収録されることが多く、一度制作すればさまざまな場面で活用できるのでコストパフォーマンスは高いといえます。

ワークスモバイルジャパン株式会社様では、提供しているサービス「LINE WORKS」の活用事例を通して検討の後押しになるよう、インタビュー動画を制作しています。

マニュアル(How to)動画

制作費用相場:30万〜80万円

マニュアル(How to)動画は、商品やサービスの使い方を解説する動画です。消費者・利用者に対して、具体的な使い方を効果的に伝えることができます。

特に使う際の動きを伝えることができるので、取扱説明書よりも使い方をイメージしやすいというメリットがあります。

マニュアル(How to)動画はアニメーションや実写などさまざまな方法で制作が可能で、以下で紹介する動画制作例のように、営業ツールとしても活用することができます。

サイボウズ株式会社様では、提供しているサービスの使い方・マニュアルを動画に1つの動画にまとめています。

施設・学校紹介動画

制作費用相場:50万〜200万円

施設・学校紹介を動画にすることで、従来の紙やパンフレットよりも多くの情報をわかりやすく伝えることができます。

特に、実際に現場を訪れないと伝わりにくい学校の雰囲気や、校風・企業理念といった言語化しにくい情報の伝達に向いています。学校説明会でも使用できますが、動画化すればWebサイトへの掲載も可能になるため、視聴者が望むタイミングで情報を伝えることができます。

実写での撮影が中心で、演出を入れたりストーリー仕立てにしたりすると費用は高くなりますが、一度動画にすれば何度も使用することができます。

国立大学法人千葉大学様では、千葉大学が掲げる“Always Aim Higher”という大学理念の他、アクセスやキャンパス、学部について紹介した全編英語による映像を制作しています。

採用動画

制作費用相場:50万〜200万円

採用動画は、企業が採用希望者に対して企業の経営理念や事業の概要、仕事の内容を紹介するための動画です。

企業説明会の会場だけでなく、就活・転職サイトやSNSでの配信などさまざまな場面で活用できます。コロナ禍で対面の企業説明会の開催が難しい場合でも、求職者に対して企業の説明ができるというメリットもあります。

アニメーションや実写といったさまざまな手法での制作が可能です。

東日本電信電話株式会社では、採用に向けたコンセプトムービーを公開しており、CGやアニメーションを活用することで、業務内容がイメージしやすい内容に仕上がっています。

教育研修動画

制作費用相場:30万〜80万円

教育研修動画は主に業務の進め方を解説する動画で、社員に対する教育や研修などで使われます。

教員研修を動画化することで教育研修の均一化が図れるほか、社員が都合のよいタイミングで研修を受講できるといったメリットがあります。紙のマニュアルでは伝えるのが難しい、動きを伴う業務手順や対応事例などを動画化することで、視聴者にとってより理解しやすく伝えることができます。

実写やアニメーションなどさまざまな手法を使って制作できます。研修内容や業務手順が変わらない限り何度も使用できるため、費用対効果が高い動画といえるでしょう。

学校法人慶應義塾では、認知行動療法について動画内で説明しています。全体を通してアニメーションを用いて詳しく説明されており、視聴者の記憶に残りやすい動画だといえるでしょう。

社員総会・イベント動画

制作費用相場:50万〜200万円

社員総会やイベントで使う動画は、設立○○周年記念といった式典や優績者表彰などの社内イベントで使用するための動画です。

動画を流すことで参加者の記憶に残りやすく、また映像を使用することで社史や創業当時の様子などがわかりやすくなるというメリットがあります。

イベントのオープニングに動画を使用することで会場が盛り上がり、登壇者のスピーチと動画を組み合わせることで経営者の想いを効果的に伝えることができます。

ユナイテッド株式会社様では、アップテンポな切り替えの早い動画構成となっており、IT企業らしさを前面に出した動画となっています。

IR動画

制作費用相場:50万〜150万円

企業が投資家に向けて企業業績や経営状況を発信するIR(インベスター・リレーションズ)を動画化することで、投資家が理解したい情報を明確に伝えることができます。

主に決算期説明会や企業説明会などで使用する動画ですが、企業のWebサイトで配信することで既存の投資家以外にも企業業績やビジョンを効果的に伝えられるため、企業イメージの向上にも寄与します。

動きのあるグラフィックを用いたりストーリー性を持たせたりすることで、現在の業績や今後のビジョンを的確に伝えることができます。

株式会社ベガコーポレーション様では、さまざまなグラフィックを用いて、会社の事業に対する取り組みを表現しています。

なぜここまで大きく変わる?動画制作費に影響する要素

コラム_動画制作の相場

動画制作費は動画の尺や制作手法、演出方法、制作会社などによって大きく変わります。ここでは、制作費に大きく影響する要素について解説します。

最適な制作会社を選定する

費用を抑えつつ、質の高い動画を制作するコツは、最適な制作会社を選ぶことです。

なぜなら、各制作会社にはそれぞれ特徴があるからです。例えば、動画を安く制作することを得意とするところや、費用は高いが質の高い動画を制作するところなど、さまざまな会社があります。

そのため、制作会社は予算だけで決めるのではなく、制作会社のサイトに掲載されている実績や制作事例を見て、費用と品質のバランスを確かめる必要があります。

また動画制作は、担当者との相性や制作会社との信頼関係も重要です。複数の制作会社に相見積もりをとり、担当者の人柄の良し悪しや信頼できる会社か否かを見極めましょう。

要望を明確化する

費用対効果の高い動画を制作するためには、「その動画で何を達成したいのか」を洗い出すことが重要です。

洗い出しが不十分なまま動画制作を依頼すると、制作会社は的確な提案ができず、目的や伝えたいことが不明瞭な動画を制作することになります。すると、効果が出る動画に仕上がる可能性は極めて低くなります。

そのようなことにならないように、動画制作を発注する際は予算やクオリティなどについて譲歩できる部分とできない部分を明確にしたうえで、どのような動画を制作したいのか要望をはっきり伝えましょう。

要望をはっきりと伝えることで、予算の範囲内で最も効果が出る動画を制作することができます。

必要な素材を用意する

動画制作費に大きく影響する要素として挙げられるのが、撮影場所や素材、出演者などです。
例えば社内に撮影に適した場所があり、その場所を提供できる場合は、撮影場所やスタジオを借りる必要がなくなるため制作費を抑えることができます。

また事前に社内で企画を立案し、どのような動画にしてほしいかを制作会社に明確に伝えることで、企画提案費用を大きく下げることができます。

例えば、セミナー動画や社史紹介といったシンプルな動画なら、専門家でなくとも企画は可能です。ただし、伝える内容が多く専門知識も求められる採用動画やCM動画は、制作会社に企画を依頼したほうがよいでしょう。

まずは動画制作にかかる費用相場を理解しましょう

コラム_動画制作の相場

動画制作費は撮影手法や出演者、ロケーションなど、さまざまな要素によって変わるため、相場はあくまでも参考にとどめてください。また、動画の分野によっての制作費用は大きく変わるため、まずは動画分野ごとの制作費の相場を確認しましょう。

また、動画制作は目的ではなく、あくまで課題解決のための手段であるはずです。自社の課題をヒアリングして、最適な動画を提案してくれる企業の選定が重要になってくるでしょう。
動画を使ったマーケティングが主流になりつつある今、制作して終わりではなく、制作した後のフォロー体制やマーケティング支援まで行っている会社を選ぶことをおすすめします。

動画制作の無料相談・お見積りはこちらicon_arrow

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

動画制作の料金相場

プルークスの動画制作の料金相場について説明した資料です。アニメーション動画・実写動画・3DCG動画の具体的な平均相場について分かりやすく紹介しています。

会社名(必須)

(必須)

(必須)

部署(必須)

メールアドレス(必須)


※ビジネスメールでご入力ください

電話番号(必須)


※ハイフンなしでご入力ください

プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。

株式会社プルークス(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、
個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを
徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社はお客さまからご提供いただいた個人情報を、紛失、破壊、社外への不正な流出、改ざん、不正なアクセスから保護 するために、合理的な範囲内で安全対策に努めます。

個人情報の利用目的
当社は、取得した個人情報を以下の目的のために利用させていただきます。

(1)採用及びクリエイターの登録に関する手続並びに選考のため
(2)サービスの提供に伴う各種連絡及び商品・サービスのご案内のため
※ダイレクトメール・電子メール・電話等
(3)当社サービスの改善や新サービスの開発等に役立てるため
(4)当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

個人情報の第三者への提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、個人情報を第三者に提供いたしません。但し、以下のいずれかに該当する場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を講じたうえで対応いたします。

・お客さまの同意がある場合
・利用目的を達成するために必要な範囲内で、コンテンツ提供者、および業務委託先に提供する場合
・法令に基づき提供することが必要である場合

個人情報の確認・訂正・削除
当社がお聞きした個人情報は、お客さまがその内容や利用目的の確認を要望される場合には、お客さまご自身のご要望であ ることが確認でき次第、速やかに対応いたします。 (但し、法令上これをお断りすることができる場合を除きます。) ご確認の結果、個人情報の内容に誤り又は変更点などがあった場合には、 お客さまのご指摘に従い、速やかに訂正・追加、 または削除いたします。

Facebookページ利用規約
こちらをご参照下さい。

変更及び通知について
当ウェブサイトは、プライバシーポリシーを事前の予告無く変更することがあります。 また、本プライバシーポリシーは、当ウェブサイトからリンクされている他のウェブサイトにおけるセキュリティ情報の取り扱い内容に関しての責任は負いません。

お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
株式会社プルークス
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル
TEL:03-6260-6882 Mail:info@proox.co.jp
(月~金 ただし祝祭日・年末年始を除きます 9:00~18:00

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者より24時間以内にご連絡を差し上げます。※土日祝日を除く

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOXGoogleYahoo! JAPAN
広告正規代理店です

お問い合わせ

03-6260-6882