COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

TikTokで収益化する方法とは?5つのコツを徹底解説!

コラム_TikTok収益化
更新:

近年では、TikTokを利用するユーザーが増加傾向にあります。なかには、TikTokで収益化したいと考えている人も多いのではないでしょうか。TikTokで収益を得るには、「TikTok for Business」や「ライブ配信」などを活用するのがおすすめです。

しかし、実際にどのような手順で進めればよいかわからずに悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、TikTok収益化の方法に加えて、具体的な方法と5つのコツを徹底解説します。

TikTok収益化の3つの方法

コラム_TikTok収益化

TikTok収益化の方法は、以下の3つです。

  • TikTok for Businessを活用する
  • ライブ配信を行い、視聴者からギフティングをもらう
  • 外部サイトへ誘導する

ここからは、それぞれの方法を詳しく解説します。

TikTok for Businessを活用する

「TikTok for Business」は、広告を作成および配信できるプラットフォームです。

他のツールと比べて、容易に広告を作成できるうえに、複数の指標からターゲティングできるなどのメリットがあります。なお、対応する広告形態としては、以下のようなものがあるため、正しく把握しておきましょう。

  • 起動画面広告(TikTok起動後に1度表示される)
  • インフィード広告(TikTok内のおすすめに表示される)
  • ハッシュタグチャレンジ広告(ハッシュタグを使用した動画を視聴者が投稿)

広告を配信することで、自社の商品・サービスを視聴者に認知してもらえる可能性が高くなります。広告から自社の商品・サービスを認知し、購入してもらえれば収益を得られるでしょう。

ライブ配信を行い、視聴者からギフティングをもらう

TikTokにおけるギフティングは、投げ銭のことであり、ライブ配信の機能である「TikTok LIVE」で利用可能です。

この方法は、社員に動画配信に適した人物がいる場合や、企業の方針としてライブ配信を行うことに問題がなければ活用できるでしょう。

投げ銭で入手するギフトは、ダイヤモンドとして配信者に還元される仕組みを採用しています。ダイヤモンドは現金に換金可能であり、0.5ダイヤモンドあたり1コインで還元されます。なお、2023年10月時点で、TikTok1コインあたり1.5円ほどに換金可能です。(2023年10月時点)

外部サイトへ誘導する

視聴者が自社の商品やサービスを購入するように誘導する方法もあります。

TikTokは、短尺の動画がメインとなるため、時間内に商品やサービスの強みを伝えるのが難しいケースも考えられるでしょう。そのような場合には、TikTokから自社のYouTubeやブログサイトなどに誘導すれば、細かい情報を視聴者に伝えられます。

例えば、TikTokのプロフィール欄に自社のブログサイトのURLを記載することで、自社サイトに遷移してもらえる可能性が高まるでしょう。このように、自社の商品紹介サイトに誘導することで、購入につながれば間接的な収益につながります。

弊社では、これまでに6,000本以上の動画を制作してきた実績・経験を基にTikTokの運用方法についてまとめた資料を公開しています。必要項目を入力すれば無料でダウンロードできますので、気になる人はぜひお試しください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

TikTok運用のノウハウをまとめた資料をダウンロードicon_arrow

TikTok for Businessで広告を配信する方法とは

コラム_TikTok収益化

ここでは、TikTok for Businessで広告配信する方法を解説します。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. アカウントを開設する
  2. 広告主審査を受ける
  3. 支払い情報を登録する
  4. ピクセル(タグ)を設置する
  5. イベント/オーディエンスを設定する
  6. 広告キャンペーン/広告セット/広告作成を行う
  7. 広告の審査を受ける
  8. 広告配信が開始される

上記のピクセル(タグ)設置やイベント設定は、TikTok広告を出稿するうえで重要な要素となるため、慎重に選択しましょう。

なお、イベント設定に関してわからない場合は、基本的に標準のフォーマットを選択することをおすすめします。

TikTokでライブ配信を行う方法とは

コラム_TikTok収益化

前提として、TikTokでライブ配信を定める基準について明確に定められていません。しかし、TikTok公式より「配信者が18歳以上であること」「TikTokの定める基準を満たしていること」といった条件を満たしている場合に利用できると記載されています。

引用:TikTok|LIVE配信

なお、ライブ配信を行う手順は以下の通りです。

    <スマートフォンの場合>

  1. 配信タイトルおよびカバー写真を選ぶ
  2. エフェクトを追加する
  3. コメントやギフティングを受け取るか確認する
  4. 「LIVEを開始」を選ぶ

    <パソコンの場合>

  1. 「TikTok Web App」を選ぶ
  2. アカウントにログインする
  3. 画面左側にある「Go LIVE」を選ぶ
  4. 配信タイトルおよびカバー写真を選ぶ
  5. サーバーURLおよびストリームキーを取得する
  6. ストリーミングソフトで映像を入力する

    <コラボ配信の場合>

  1. LIVEルーム左下にある「コラボマーク」を選ぶ
  2. コラボ相手を選ぶ
  3. 相手に認証してもらい、配信を開始する

TikTokのライブ配信は、スマートフォンもしくはパソコンから行えます。それぞれ方法が異なるため、事前に把握しておきましょう。

外部のサイトへ誘導し収益化をする方法とは

コラム_TikTok収益化

外部サイトへ誘導する場合は「Webサイトのリンクを追加する方法」「SNSアカウントのリンクを追加する方法」の2パターンがあります。

Webサイトのリンクを追加する方法は「フォロワーが1,000人以上」と「フォロワーが1,000人未満」でそれぞれ異なります。詳細は以下の通りです。

    ・フォロワーが1,000人以上の場合

  1. 画面右上のプロフィールから「プロフィールを編集」を選択する
  2. 自己紹介の下にある「ウェブサイト」の項目にURLを貼り付ける

    ・フォロワーが1,000人未満の場合

  1. 画面右上のプロフィールから「プロフィールを編集」を選択する
  2. 自己紹介に直接URLを貼り付ける

企業のホームページに加えて、ブログなどのURLも追加できるため、積極的に活用してはいかがでしょうか。なお、フォロワーが1,000人未満だと自己紹介の下にある「ウェブサイト」の項目が表示されず、視聴者にURLをコピーして遷移してもらう必要があります。

この場合、視聴者にとって手間となり集客も期待できないため、まずはフォロワー1,000人以上を目指すようにしましょう。

続いて、SNSアカウントのリンクを追加する方法ですが、フォロワー数に関係なく追加することが可能です。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 画面右上のプロフィールから「プロフィールを編集」を選択する
  2. 「SNS」の項目からそれぞれ必要な情報を記載する

使用するSNSアカウントはプライベート用のものではなく、ビジネス用になっているかを確認しましょう。

TikTokで収益化するための5つのコツとは?

コラム_TikTok収益化

前提として、公式サイトよりTikTok収益化の詳細条件は公開されていません。とはいえ、YouTubeのように条件が明確化されているケースも存在します。

そのため、TikTokで収益化を目指すためにも、最低限以下で紹介する内容を満たしておくことで、収益化につながる可能性があるでしょう。

TikTokにおいて、収益化を図りたいと考えている人は、以下で紹介する内容を参考に実践してみてください。

アカウント分析を行う

TikTokの収益化を目指すうえで、アカウント分析は重要といえます。

アカウント分析を行うためにも、アカウントを「プロアカウント」に切り替えましょう。プロアカウントであれば、「インサイト分析」が行えます。

インサイト分析では、視聴者の購買行動や動機などを分析し、商品・サービスのマーケティング戦略の立案に役立てることが可能です。分析した結果を基に、いいねが付きやすい動画や視聴者の目に留まりやすい動画の傾向を把握したうえで、今後の投稿に反映させましょう。

継続的に動画を投稿する

動画を定期的に投稿すれば、視聴者の目に留まりやすくなり、自社に対する認知度を高められます。

そのため、視聴者の求めている動画や、時代の流れに適した動画などを継続的に投稿しながら、どういったリアクションをもらえるのか検証するようにしましょう。

なお、継続して投稿する場合は、動画のテーマが煩雑になると、ファン層の確立までに時間がかかります。そのため、まずはテーマを1つに絞って、動画を投稿するようにしましょう。

他の配信者とコラボする

他の配信者とコラボ動画を撮影・配信をすることで、多くのファンを獲得できる可能性があります。

例えば、インフルエンサーと企業がコラボすることで、宣伝効果が高まるでしょう。

しかし、他の配信者とコラボする場合は、自社で取り扱う商品・サービスのイメージに合致した人とコラボしなければ、多くの視聴者にみてもらえません。そのため、自社が狙うターゲットのファンを獲得している配信者にコラボを相談するようにしましょう。

ハッシュタグを活用する

TikTokの動画を多くの人に視聴してもらうには、ハッシュタグの設定も重要です。

ハッシュタグは、投稿時に「# キーワード」を入力することで、同ジャンルに興味を持つ視聴者に検索される可能性が高まります。

なお、使用回数の多いハッシュタグや、競合が使用するハッシュタグを分析・設定することで、多くの人に自社を認知してもらえるかもしれません。

高品質な動画を制作する

動画の品質が高いと視聴者間で話題となり、シェアしてもらえる可能性があります。

しかし、動画の品質が低ければ、企業のイメージダウンにつながってしまうでしょう。イメージダウン後は、払拭させるまでに時間がかかるため、自社に動画制作・運用に長けたスタッフがいない場合は、プロの動画制作会社へ依頼するのがおすすめです。

TikTokで自社への認知を高め収益化を目指そう

コラム_TikTok収益化

TikTokは、若年層の視聴者が多く、高評価を得られれば視聴者間でシェアされる特性があります。

しかし、低品質な動画を公開してしまった場合、企業のイメージダウンに陥ってしまい、悪いイメージの払拭までに時間がかかるでしょう。そのため、自社に動画制作・運用に長けたスタッフがいない場合は、動画制作のプロに依頼するのがおすすめです。

弊社プルークスでは、これまでに企業向けの動画を多数制作した実績・経験があります。TikTokに限らず、動画を活用した集客にお悩みであれば、以下よりお気軽にご相談ください。

TikTokの収益化に関してよくあるQ&A

最後に、TikTokの収益化に関してよくある質問をQ&A形式で紹介します。TikTokの収益化に関して疑問を感じた際は、下記の内容を参考にしてください。

Q. TikTokで収益は得られますか?

A. TikTokで収益を得ることは可能です。

収益を得る方法はさまざまですが、企業の場合は自社で取り扱う商品・サービスのアピールを行い、視聴者に評価されることで収益(販売数増加)につながるでしょう。

Q. TikTokで収益を得るにはどうすればよいですか?

A. TikTok収益化の主な方法は、以下の3つです。

  • TikTok for Businessを活用する
  • ライブ配信を行い、視聴者からギフティングをもらう
  • 外部サイトへ誘導して収益化を狙う

自社の強みや企業の方針を考慮して、適切な方法を選択しましょう。

Q. バズる動画を制作するにはどうすればよいですか?

A. バズりやすくするには、前提として高品質な動画が必要であるため、動画制作のプロに依頼しましょう。

以下の記事では「バズる動画」の特徴について詳しく解説しているため、気になる人はぜひご一読ください。

SNSとの相性抜群!『バズる』動画の特徴とは?バズらせたいなら法則を知ろう

おすすめの記事

採用活動にはTikTokの活用がトレンド?企業が得られるメリットや成功事例とは

初心者の方必見!TikTok広告の概要について徹底解説します!

この記事の監修者

監修者
松浦 寛之(まつうら のぶゆき)
株式会社プルークス 代表取締役社長 大学卒業後、NTTデータに入社し出向先のベンチャー企業でマネジメントを経験。2012年よりジュピターテレコム(現JCOM)において、メディア事業の戦略策定、新規事業開発に従事。メディア・エンターテインメント市場が変化するなか、動画マーケテイング領域に可能性を見出し、2018年4月にプルークスに参画。2020年7月からは代表取締役社長に就任。商品やサービスのプロモーションにとどまらず、インナーブランディング、採用、IRまで企業の経営課題の解決を動画の側面から支援している。
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

TikTok運用方法の手引き

「TikTok運用」をするにあたり、TikTokの概要説明と考えるべきポイントなどについて説明した資料となっております。

会社名(必須)
氏名(必須)

部署名(必須)
役職(必須)
電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882