COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

YouTubeショート動画が伸びない原因とは?効果的な戦略と改善方法

コラム_YouTubeショート伸びない
更新:

ビジネスにおいて、動画マーケティングが注目されています。なかでも、1分以内の短い動画を投稿できる「YouTubeショート」は、企業に人気のプラットフォームです。しかし、「YouTubeショート動画の再生回数が伸びない」と悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、YouTubeショート動画の再生回数が伸びない4つの原因を紹介します。また、再生回数を増やすためのポイントや改善方法もお伝えするため、気になる人はぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画の再生回数が伸びない主な原因

コラム_YouTubeショート伸びない

まずは、なぜYouTubeショート動画の再生回数が伸びないのか、原因を把握することが大切です。伸びない原因としては、主に次の4つが考えられます。

ショートフィードに表示されていない

自社の動画が「ショートフィード」に表示されていない場合、再生回数を伸ばすことは困難といえるでしょう。

YouTubeにおけるショートフィードとは、ショート動画を一覧表示する場所のことです。

ショートフィードに動画が表示されれば、自社のチャンネルを知らない人にも認知してもらえる可能性があります。結果として、新規ユーザーからの流入が増えるでしょう。

しかし、ショートフィードにどの動画を表示するかはYouTubeのアルゴリズムによって決まります。そのため、対策が不十分だとショートフィードに表示されず、ファンの獲得は難しくなるでしょう。

なお、YouTubeのショートフィードについて、以下の記事で詳しく紹介しているので、詳しく知りたい人はぜひご覧ください。

YouTubeのショートフィードとは?再生回数を増やすコツを紹介

他の動画に埋もれている

仮に、ショートフィードに表示されたとしても、他の動画に埋もれているケースがあります。

当然ながら、YouTubeショートに動画を投稿しているのは自社だけではありません。他社やYouTuberの動画も数多く存在するなかで、自社を選んでもらえるだけの「魅力」が必要です。

ユーザーに対して、強い印象を与えられなかったり、興味を惹けていなかったりすると、ショートフィードに表示されてもクリックには到達しないでしょう。そのため、動画タイトルやサムネイル(一覧表示時の小さな画像)など、他の動画と比べて負けている要素がないか、細部まで分析することが大切です。

視聴者から高い評価を得ていない

ある程度は動画を再生されていても伸びが著しくない場合、視聴者から高い評価を得られていない可能性があります。

前述の通り、ショートフィードにどの動画を表示するかを決めるのはYouTubeのアルゴリズムです。視聴者に評価されていない動画はYouTubeにも評価されにくく、表示回数の減少につながってしまいます。

YouTubeショート動画の評価を決める要素は再生回数以外にも、高評価数やコメント数、平均視聴時間などさまざまです。こうした評価があまり高くない場合は、コンテンツの満足度を高める施策が必要といえるでしょう。

YouTubeにおける評価(エンゲージメント)を高める方法について、以下の記事で詳しく解説しています。気になる人はぜひご一読ください。

YouTubeのエンゲージメント率とは?計算方法や目安を紹介

投稿数・投稿頻度が少ない

あまりに投稿数や投稿頻度が少ない場合も、再生回数を伸ばすことは困難です。

投稿数が少ないと、コンテンツの充実度が低いと判断され、チャンネル自体の評価が低くなってしまいます。その結果、ショートフィードに表示される動画が少なくなってしまうでしょう。また、投稿頻度が少ないと、既存のファンを繋ぎ止められない可能性もあります。

まだ数本しかアップロードしていない場合や、投稿に間隔が空きすぎている場合は、この原因を疑いましょう。無理なく継続できる範囲で動画の投稿を続けることが大切です。

YouTubeショート動画の再生回数を増やすためのポイント

https://proox.co.jp/column/14720/

再生回数が伸びない原因を把握するだけでなく、再生回数を増やすポイントも理解することも重要です。

YouTubeショート動画の再生回数を増やすためのポイントとして、次の4つを押さえておきましょう。

動画の再生時間を1分に近づける

YouTubeショートの動画時間は、できる限り上限の「1分」に近づけることをおすすめします。そのほうが、ユーザーにクリックしてもらえる可能性が高まるためです。

再生回数と動画時間の関係性をテーマにした、とある海外の調査によると、再生回数は50~60秒のショート動画が最も伸びています。それだけでなく、動画の再生時間が短いほど再生回数は伸びにくくなる傾向があるようです。

これは、動画の再生時間が短いとサムネイルだけで満足されるケースがあることが一因と考えられます。極端な例ですが、動画時間が1秒であればわざわざクリックしようと考える人は少ないでしょう。

そのため、ショート動画に関しては、動画の再生時間が適度に長いほうが有利になりやすいと考えられます。

「他の人にも見せたい」と思わせることを意識する

ユーザーが「他の人にも見せたい」と思える動画は、再生回数が伸びやすくなります。

そのため、コンテンツの品質を高めるだけでなく、真新しさ・サプライズといった要素も動画に取り入れることが大切です。誰でも想像がつくような意外性のない動画では、「他の人にも見せたい」とはなりにくいでしょう。

友人や家族に制作した動画を見てもらい、客観的な意見をもらったうえで反映させると効果的です。

トレンドを取り入れる

トレンドを取り入れることで、動画が再生されるチャンスを増やせます。

これは、トレンドに関するキーワードは、YouTubeで検索されやすいためです。トレンドに沿った動画は検索結果の上位に表示されやすくなり、検索からの流入数アップにつながるでしょう。

例えば、時事ネタを動画のテーマにしたり、流行語を動画で使ったりすることが効果的です。上位表示を狙うのであれば、動画タイトルにもキーワードを含めましょう。

伸びている動画を参考にする

既に公開しているYouTubeショート動画のなかから、比較的伸びているものを参考にするのも効果的です。

伸びないなかにも、ほとんど伸びない動画、少しは伸びた動画があるはずです。「なぜこの動画は少し伸びたのか」と分析することで、伸ばすための要素が見えてきます。

伸びている動画の共通点を見つけて、新しい動画にも取り入れましょう。そうすることで、ユーザーのニーズに応えやすくなります。なお、自社で公開している動画以外でも、よいものがあれば参考にしてみてください。

弊社では、これまで6,000本以上の動画を制作した実績があります。YouTubeショート動画の制作代行および運用などもお受付しておりますので、お気軽にご相談ください。

YouTubeショート動画の再生回数が伸びない場合の改善方法

https://proox.co.jp/column/14720/

再生回数が伸びない原因や伸ばすためのポイントを理解したうえで、具体的な改善に取り組みましょう。しかし、正しい取り組み方を実践しなければ、自社チャンネルの発展にはつながりません。

YouTubeショート動画の再生回数が伸びない場合の改善方法は、主に次の3つです。

軌道修正しながらショート動画を継続して投稿する

まずは、コンテンツの内容や投稿方法などを軌道修正しながら、動画投稿を継続することが必要です。

ショート動画は1本あたりの動画時間が短い分、継続がしやすいでしょう。伸びない原因を改善していくことで、劇的に再生回数が伸びる可能性もあります。

ただしこの方法では、伸びない原因を自ら分析・特定する必要があるでしょう。効率的に伸びない原因を分析するために、分析ツールを活用することをおすすめします。

例えば、YouTubeショート動画の分析に活用できるツールとしては、公式が運用している「YouTubeアナリティクス」が人気を集めています。

通常のYouTube動画に注力する

YouTubeの活用目的が「広告収益を得ること」である場合は、通常のYouTube動画に注力することも1つの選択肢です。

YouTubeショートの広告単価は、およそ0.003円~0.01円ほどといわれています。つまり、100万回再生されたとしても、収益は3,000円~1万円ほどです。

YouTubeショートは、新規ユーザーとの接点をつくることが目的であれば、有力なプラットフォームといえます。しかし、収益化の手段としては、それほど効率がよい方法とはいえないでしょう。

そのため、収益化が目的であれば、YouTubeショートを無理に伸ばそうとするよりも、通常のYouTube動画に注力したほうが稼ぎやすいといえます。

なお、YouTubeショート動画を収益化する条件は、通常のYouTube動画とは異なります。YouTubeショート動画での収益化を目指す場合は、次の記事を参考にしてください。

YouTubeショート動画は収益化が難しい?条件について解説します!

動画の制作・マーケティングのプロにサポートを依頼する

YouTubeショート動画で成功するには、動画制作やマーケティングの専門知識が欠かせません。

視聴者の心を掴む動画を制作し、多くのファンを獲得するには、本記事で紹介した内容以上に多くのノウハウを持ち合わせた人材・スキルが必要です。しかし、現実的には動画の制作・運用に適した人材を確保できない企業が多いのではないでしょうか。

YouTubeショート動画で成功を目指すのであれば、動画の制作・マーケティングのプロにサポートを依頼するのが確実です。

原因を究明してYouTubeショート動画の再生数を伸ばそう

https://proox.co.jp/column/13955/

YouTubeショート動画の再生回数が伸びない原因は、ショートフィードに表示されない、他の動画に埋もれている、などさまざまです。改善するには、伸びない原因を究明し、動画に反映させていくことが重要となります。

なお、収益化を目的とする場合は、通常のYouTube動画に注力するのも1つの選択肢です。

YouTubeショート動画を伸ばしたい場合は、動画の再生時間を1分に近づける、トレンドを取り入れる、などのポイントを押さえましょう。ただし、YouTubeショートで成功することは簡単ではなく、動画制作やマーケティングの専門知識が必要です。自社で適した人材が確保できない場合は、プロにサポートを依頼するのが確実でしょう。

弊社では動画制作・運用の代行だけでなく、お悩みの企業へのコンサルティングも行っています。高品質なYouTubeショート動画で成功を目指したいのであれば、動画制作・運用に精通したプルークスまで、お気軽にお問い合わせください。

YouTubeショート動画の再生回数に関してよくあるQ&A

ここからは、YouTubeショート動画の再生回数に関してよくある質問をQ&A形式で紹介します。

Q. YouTubeショート動画の再生回数が伸びない原因は何ですか?

A. 再生回数が伸びない原因として考えられるものは、主に以下の4つです。

  • ショートフィードに表示されていない
  • 他の動画に埋もれている
  • 視聴者から高い評価を得ていない
  • 投稿数・投稿頻度が少ない

Q. YouTubeショート動画の再生回数を伸ばすためのポイントは何ですか?

A. 再生回数を伸ばすためのポイントは、主に以下の4つです。

  • 動画の再生時間を1分に近づける
  • 「他の人にも見せたい」と思わせることを意識する
  • トレンドを取り入れる
  • 伸びている動画を参考にする

Q. YouTubeショート動画の再生回数が伸びない場合の対処法は何ですか?

A. 再生回数が伸びない場合の対処法は、主に以下の3つです。

  • 軌道修正しながらショート動画を継続して投稿する
  • 通常のYouTube動画に注力する
  • 動画の制作・マーケティングのプロにサポートを依頼する

おすすめの記事

YouTubeショート動画は収益化が難しい?条件について解説します!

YouTube運用は代行してもらえる?代行費用の相場について紹介!

この記事の監修者

監修者
松浦 寛之(まつうら のぶゆき)
株式会社プルークス 代表取締役社長 大学卒業後、NTTデータに入社し出向先のベンチャー企業でマネジメントを経験。2012年よりジュピターテレコム(現JCOM)において、メディア事業の戦略策定、新規事業開発に従事。メディア・エンターテインメント市場が変化するなか、動画マーケテイング領域に可能性を見出し、2018年4月にプルークスに参画。2020年7月からは代表取締役社長に就任。商品やサービスのプロモーションにとどまらず、インナーブランディング、採用、IRまで企業の経営課題の解決を動画の側面から支援している。
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

Youtubeチャンネル運用方法の手引き

Youtubeチャンネルを運用する際に、何を目的に置くのかやどのようなポイントを気をつけるべきか説明しています。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

YouTubeに関する人気記事

YouTube動画広告に関する人気記事

YouTubeに関する新着記事

YouTube動画広告に関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882