COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll
コラム_tiktok広告

初心者の方必見!TikTok広告の概要について徹底解説します!

公開:
|
更新:

10代から20代の利用者が多く、若年層に人気となっているアプリが「TikTok」です。

他の動画投稿サイトとは違い、長時間の動画ではなく主に15秒の短い動画を投稿・閲覧できるアプリのため、隙間時間があればすぐ視聴できるのが大きな特徴です。他のSNSと同じように、TikTokで広告を配信できるため、若年層へのリーチを広げたい企業にも注目されています。

この記事では、TikTok広告がどのような特徴を持つ広告なのかを紹介するとともに、TikTok広告を出稿するメリットや、広告の種類、動画広告を制作するうえで重要なポイントを解説します。

TikTok広告に関する相談はこちらicon_arrow

TikTok広告とは?

コラム_tiktok広告

TikTok広告は、動画配信アプリ・TikTokで配信されている広告のことです。他のSNSで配信されるアプリと同じく、投稿されたコンテンツと似た表示で「広告感」が少なく、嫌悪感なく見てもらえることが特徴だといえるでしょう。

TikTok広告の特徴を知る前に、まずはTikTokがどのようなアプリなのか、ユーザー層や利用者数などの概要を知っておきましょう。

TikTokとは?

TikTokとは、中国のByteDance社が運営するSNSです。共有されているのは主に15秒というごく短いショートムービーで、若年層を中心に世界中で人気を集めています。

月間のアクティブユーザーの数は10億人にものぼっており、日本での利用者は950万人といわれています。TikTokで動画を投稿する人は「TikToker」と呼ばれており、一般の人はもちろん、インフルエンサーや芸能人、企業も多く参入しているのが特徴です。

ITセキュリティ会社である「Cloudflare」の調査より、2021年2月・3月・6月にはTikTokがGoogleのユーザー訪問数を上回った結果がでました。膨大なユーザーがアクセスしており、世界一のメディアとして大きな強みがあるといえるでしょう。

出典元:「Cloudflare調査結果

TikTokのユーザー属性

TikTokを利用する人の属性として、特に10代の女性が多く見られます。10代から20代の若年層が主なユーザーではあるものの、利用者の平均年齢は徐々に上がっていることもわかっており、いわゆる「Z世代」を中心としたユーザー層になっています。

また、TikTokを利用する人はITリテラシーが高く、TikTokに限らず他のプラットフォームや先進的な技術・サービスにも関心が高いといえるでしょう。

TikTok広告とは

TikTok広告は、TikTok内で流れる動画広告です。「純広告」と「運用型広告」に分かれており、それぞれ出稿するためのルールが異なります。

また、TikTok広告には「ハッシュタグチャレンジ」や「ブランドエフェクト」など、視聴者が参加・体験できる広告フォーマットが用意されているのが特徴です。

TikTok広告の種類

次に、TikTokで配信できる広告について詳しく解説します。TikTokには、他の媒体にはない独自の広告やコンテンツが多く用意されており、ユーザーがTikTokを使い始めた瞬間からアプローチできる方法があります。

純広告

純広告とは、あらかじめ広告枠を契約してから出稿する広告のことを指します。TikTokの純広告には、主に次の2種類があります。

  • 起動画面広告
    TikTokのアプリを起動する際に表示される広告で、1日1社限定です。あらかじめ広告枠を購入しておく仕組みで、アプリを利用するときにユーザーが必ず目にする画面のため、多くのユーザーにリーチできる広告といえるでしょう。
    ただし、アプリ起動時に表示される広告のため、音声は再生されません。動画はもちろん、静止画での広告にも対応しているため、さまざまな形式の広告に適しています。
  • ハッシュタグチャレンジ
    ハッシュタグチャレンジは、特定のワードを検索するための「#(ハッシュタグ)」を使い、企業側がさまざまな企画を行うことをいいます。
    例えば、新商品のコーヒーを売り出したい場合「#コーヒー新発売」のようにハッシュタグを付けて動画広告を出稿します。動画広告を見た視聴者が、設定されたハッシュタグを付けて動画を投稿すると、WebCMへ出演できたり、商品をプレゼントしたりするなどの特典を付けることで、多くのユーザーに企画へ参加してもらえます。
    話題性はもちろん、企画を見たユーザー自らが拡散する可能性も高いため、特にTikTokに適した広告といえるでしょう。ハッシュタグチャレンジは、ユーザーの認知度向上やブランド力の定着など、さまざまな効果が期待できる広告です。

上記2種類の他、より関連性の高いユーザーに最大60秒の広告を結び付けられる「Brand Premium」や、動画撮影時に商品を実際に使っているかのように見せられる体験型のコンテンツ「ブランドエフェクト」なども用意されています。

運用型広告

運用型広告とは、あらかじめ広告枠を予約しておく純広告とは違い、リアルタイムで広告を出稿して成果を計測していく広告を指します。運用型広告には、次の2種類があります。

  • インフィード広告
    インフィード広告は、TikTokのレコメンド(おすすめ)に表示される広告です。他の動画と同じように表示されることから広告感が低く、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくいのが特徴です。画面をスワイプ(スライド)すると次々に動画や広告が表示される仕組みのため、多くのユーザーの目に留まるでしょう。
  • 他プラットフォームへの広告
    TikTok広告は、TikTokの他にもBuzzVideoやPangleにも出稿できます。ただし、対応している動画の尺(長さ)が違うことや、画面の縦横も異なっているため注意しましょう。BuzzVideoの広告フォーマットはより多くの種類に対応しています。

TikTok広告活用のメリット

コラム_tiktok広告

TikTok広告を活用することで得られる、3つのメリットを解説します。TikTok広告はこれまでの広告とどのような違いがあるのか、TikTok広告ならではの活用方法について見てみましょう。

興味のあるユーザーをマッチングしてくれる

TikTok広告は、AIによるレコメンドの精度が高いと評価されています。一般ユーザーが投稿したコンテンツであるUGC動画だけでなく、広告にもレコメンドが適用されます。

TikTok広告は、自社や他のサービスではこれまで発掘できなかったターゲットを開拓できる可能性があり、新たな販路を見つけられるという期待が持てます。ユーザーの閲覧履歴や性別などの情報を基にした細かなターゲティングも可能で、新規顧客にも繋がりやすいのが大きなメリットです。

情報感度の高い若年層へリーチ可能

TikTokを利用するユーザーは10代から20代の利用者が多く、情報感度がとても高いのが特徴です。つまり、ITリテラシーが高い層が多く、新規性の高いサービスの広告と相性が良いといえます。

ユーザー参加型の広告活用ができる

TikTokには「ハッシュタグチャレンジ」をはじめ、ユーザーが参加・体験できる広告フォーマットが用意されています。これにより、一方的に情報を閲覧させるような広告感を抑えることができ、ユーザーに嫌悪感を抱かせずに広告配信ができます。

広告を見てもらうだけでなく、ユーザーも参加してコンテンツを投稿してもらえるため、より深いブランド体験を行うことができるでしょう。

TikTok広告の始め方と動画制作のポイント

コラム_tiktok広告

続いて、TikTok広告の始め方や、動画制作のポイントについて解説します。TikTokで広告を出稿するまでの流れや予算の設定方法、動画制作の際に意識すべきポイントを見てみましょう。

TikTok広告の始め方

まず、TikTok広告の広告用アカウントを作成します。

TikTok公式サイトより、広告用アカウント作成の手続きを行います。メールアドレスやパスワードを設定し、国や会社名(アカウント名)などの必要事項を入力すれば登録は完了です。広告配信にかかる料金支払いのため、支払い方法を選択し、クレジットカード情報を登録しましょう。

次に、目的を選択して予算・ターゲット・入札方法を決めます。購買に繋がるようにしたいのか、ブランドや商品の認知のために広告を出すのか、目的によって最適な配信方法を選びます。予算に応じて多くのユーザーに表示される「インプレッション課金型(CPM)」をはじめ、クリックしてもらえる可能性が高いユーザーに広告が表示される仕組みの「クリック課金型(CPC)」などがあります。

TikTok広告制作のポイント

TikTok広告に限らず、出稿する広告媒体の特徴をしっかりと理解してから広告を制作することを心がけましょう。例えば、TikTokは主に若年層のユーザーが多いですが、年配向けの広告を出稿しても得られる効果は薄いでしょう。ターゲットとなる若年層を意識した広告内容に仕上げることや、若年層に支持されているインフルエンサーをキャスティングするなどの工夫が必要です。

また、TikTok広告は基本的に15秒内でさまざまな情報を詰め込む必要がありますが、興味のない動画は最後まで視聴してもらえません。最後まで動画広告を見てもらえるように、最初の3秒を意識した、インパクトのある動画制作がポイントです。

TikTok広告を若者向けマーケティングに活用しよう

コラム_tiktok広告

TikTok広告は、訴求したいユーザーに向けた高いターゲティング精度を誇ることや、静止画よりも多くの情報量を短時間で伝えられるメリットがあります。既存の広告に加えて、企業のマーケティングにTikTok広告をぜひ活用しましょう。

また、弊社プルークスではターゲットの属性に合わせた効果的な動画作成が可能です。若者向けのマーケティングにTikTok広告の活用を検討している場合、ぜひご相談ください。

TikTok広告に関する相談はこちらicon_arrow

TikTok広告に関してよくあるQ&A

TikTok広告に関する、よくある質問について回答します。

Q. TikTok広告にはどんな効果が期待できますか?

A. 主に若年層をターゲットにした企業・商材の認知度をアップさせたり、リアルタイムでの行動を期待できたりします。

受け取った情報をすぐに拡散したり、別の形式で発信したりするなど、積極的に行動を起こす人が多いため、拡散されるスピードが速く、話題作りにも役立っています。

Q. TikTok広告ならではのメリットは何ですか?

A. ユーザーが参加・体験できる形の広告を提供でき、ブランドイメージを高めることができます。

また、TikTok広告は広告色があまりないため広く受け入れられやすく、かつバズりやすいことがメリットです。印象的な音楽やテロップ、ダンスなどが爆発的に拡散される可能性もあります。

Q. TikTokのユーザーにはどんな人が多いですか?

A. 10代を中心とした若年層をはじめ、ITリテラシーの高い層が比較的多いのが特徴です。

投稿されている動画の多くは主に15秒であるため、1日のうち隙間時間を使って何度もアプリを起動・閲覧している人が多く見られます。また、投稿動画を見るだけでなく、自らも動画を作って投稿する人が多くなっています。

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

動画制作の基礎知識

動画制作・動画マーケティングの基礎知識を説明しています。また、価格相場やアニメーション•実写の使い分け方などのノウハウを限定公開しています。

会社名(必須)

部署名(必須)

(必須)

(必須)

電話番号(必須)


※ハイフンなしでご入力ください

メールアドレス(必須)


※ビジネスメールでご入力ください

プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。

株式会社プルークス(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、
個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを
徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社はお客さまからご提供いただいた個人情報を、紛失、破壊、社外への不正な流出、改ざん、不正なアクセスから保護 するために、合理的な範囲内で安全対策に努めます。

個人情報の利用目的
当社は、取得した個人情報を以下の目的のために利用させていただきます。

(1)採用及びクリエイターの登録に関する手続並びに選考のため
(2)サービスの提供に伴う各種連絡及び商品・サービスのご案内のため
※ダイレクトメール・電子メール・電話等
(3)当社サービスの改善や新サービスの開発等に役立てるため
(4)当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

個人情報の第三者への提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、個人情報を第三者に提供いたしません。但し、以下のいずれかに該当する場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を講じたうえで対応いたします。

・お客さまの同意がある場合
・利用目的を達成するために必要な範囲内で、コンテンツ提供者、および業務委託先に提供する場合
・法令に基づき提供することが必要である場合

個人情報の確認・訂正・削除
当社がお聞きした個人情報は、お客さまがその内容や利用目的の確認を要望される場合には、お客さまご自身のご要望であ ることが確認でき次第、速やかに対応いたします。 (但し、法令上これをお断りすることができる場合を除きます。) ご確認の結果、個人情報の内容に誤り又は変更点などがあった場合には、 お客さまのご指摘に従い、速やかに訂正・追加、 または削除いたします。

Facebookページ利用規約
こちらをご参照下さい。

変更及び通知について
当ウェブサイトは、プライバシーポリシーを事前の予告無く変更することがあります。 また、本プライバシーポリシーは、当ウェブサイトからリンクされている他のウェブサイトにおけるセキュリティ情報の取り扱い内容に関しての責任は負いません。

お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
株式会社プルークス
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル
TEL:03-6260-6882 Mail:info@proox.co.jp
(月~金 ただし祝祭日・年末年始を除きます 9:00~18:00

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOXGoogleYahoo! JAPAN
広告正規代理店です
float_btn1

お問い合わせ

03-6260-6882