COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

採用活動にはTikTokの活用がトレンド?企業が得られるメリットや成功事例とは

コラム_TikTok採用
更新:

労働人口の減少が深刻化する日本において、多くの企業が人材確保に課題を感じています。こうしたなかで、若年層から高い支持を得る「TikTok」の活用を検討している採用担当者は多いのではないでしょうか。

TikTokの活用にあたって、向いている企業の特徴や活用時の注意点を事前に把握することが大切です。

本記事では、採用活動におけるTikTok活用に関して幅広い情報を紹介します。TikTokの活用で得られるメリットや成功事例も紹介するため、活用を検討している人はぜひ参考にしてください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

採用動画ノウハウをダウンロードicon_arrow

企業が採用活動においてTikTokを活用するメリット

コラム_TikTok採用

採用活動にTikTokを活用するメリットは多いため、取り入れる企業が少しずつ増えています。企業が採用活動においてTikTokを活用するメリットは、主に次の4つです。

若年層にアプローチしやすい

TikTokを活用することで、若年層に効果的なアプローチが可能です。TikTokは「Z世代」から高い支持を集めています。Z世代とは、2023年時点で10歳前後~20代半ばの人々を指す言葉です。

企業がTikTokで情報発信すれば、若年層に自社の魅力を知ってもらえる可能性があるでしょう。自社が人材を求めていることが求職者に伝われば、若年層の人材に応募してもらえるチャンスが増えます。

短時間で自社の魅力を伝えられる

TikTokの強みとして、動画を活用した情報発信が容易に行えることが挙げられます。TikTok上で動画を用いた情報発信を行えば、短時間で自社の魅力を伝えられるでしょう。動画であれば、視覚・聴覚に訴求できるため、ユーザーは情報のインプットが効率的に行えます。

また、TikTokで撮影・公開されている動画は、短時間のものが多いです。短時間の動画で情報発信を行えれば、SNS運用担当者の負担が軽減するでしょう。

拡散されるチャンスが多い

若年層のユーザーが多いTikTokは、拡散されるチャンスが多いSNSです。「再投稿」機能を使うと、動画を手軽にフォロワーとシェアできます。ユーザーにとって好印象を与えられれば、連鎖的にシェアされて広範囲に認知が広がる可能性があるでしょう。

また「シェア」機能を使えば、別のSNSに再投稿することも可能です。話題性の高い投稿であれば、別のSNSを介してさらなる拡散も期待できるでしょう。このように、TikTokは拡散を狙いやすい仕組みが充実しています。

他社と差別化できる

TikTokを採用に活用している企業は、2023年9月時点であまり多くありません。そのため、早期にTikTokを取り入れることで他社との差別化を図れます。

採用活動にTikTokを活用した企業の成功ケースが増えてくれば、参入企業は増えるでしょう。先行者利益を得たいのであれば、早めの導入をおすすめします。

採用活動においてTikTokを活用すべき企業の特徴

コラム_TikTok採用

TikTokの活用は有力な選択肢ですが、企業によって向き・不向きがあります。採用活動においてTikTokを活用すべき企業の特徴は、主に次の3つです。

新卒採用に力を入れたい

新卒採用に力を入れたい企業であれば、TikTokの活用がおすすめです。前述の通り、TikTokは若年層に高い人気があります。就職を控えているユーザーも多いため、新卒の求職者にアプローチしやすいといえるでしょう。

若年層のなかには、SNSで情報収集するという人も多く存在します。特に、新卒者は企業の人材募集に関する情報に高い関心を持っていると考えられるでしょう。自社の魅力が的確に伝えられれば、新卒者の選択肢に上がる可能性があります。

以下の資料では、採用活動において動画を活用する必要性などについて解説しています。必要項目を入力すれば無料でダウンロードできますので、気になる人は以下よりご確認ください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

採用動画ノウハウをダウンロードicon_arrow


伝えたい内容がシンプル

伝えたい内容がシンプルであれば、TikTokの活用が適しています。一方で、自社の魅力を事細かに伝えたいようなケースでは、TikTokの活用はあまり向いていません。

そのため、TikTokを活用する際は「短時間の動画で必要な情報を伝えられる」のであれば、ユーザーに受け入れられやすいといえます。

スマートフォンでも魅力を伝えられる

TikTokは、スマートフォンでも魅力を伝えられる場合に適しています。これは、TikTokの動画は基本的に縦長であり、モバイル端末での視聴がメインのためです。パソコンの全画面表示でないと魅力が伝えられないようなケースでは、TikTokはあまり向いていません。

一方で、スマートフォンの縦長動画でも魅力が伝わるのであれば、TikTokでも大きな不都合は生じないでしょう。

採用活動にTikTokを活用する際の注意点

コラム_TikTok採用

TikTokの活用方法が誤っていると、期待した効果が得られない可能性もあります。採用活動にTikTokを活用する際には、以下の2点に注意しましょう。

炎上に注意する

TikTokは、拡散が狙いやすい一方で、悪い意味で拡散されてしまう、いわゆる「炎上」のリスクもあります。TikTokで情報発信する際には、炎上にも注意しましょう。

炎上すれば多くの人に社名を認知されますが、企業のイメージダウンにつながるため得策とはいえません。TikTokで拡散を図るとしても、ポジティブな方向での拡散を目指すべきです。

継続的に運用していく必要がある

TikTokで情報発信する場合、継続的に運用していく必要があります。日々大量の投稿が行われているTikTokにおいて、過去の投稿は新しい投稿に埋もれてしまいます。そのため、定期的に発信していかなければ、ほかの投稿によって埋もれてしまうでしょう。

TikTokの自社アカウントを用意するのであれば、継続的に投稿できる体制づくりが必要です。例えば、TikTok運用専門の担当者を用意する、といった運用を継続する工夫が求められます。

TikTokの運用について、何から始めればよいのかわからない人も多いでしょう。以下では、TikTokの運用方法に関する内容をまとめた資料をご用意しております。必要項目を入力すれば無料でダウンロードできますので、気になる人はぜひご確認ください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

TikTok運用ノウハウをダウンロードicon_arrow

TikTokに掲載する採用動画の制作ポイント

コラム_TikTok採用

企業が採用活動を行うのであれば、TikTokに採用動画を掲載するのが効率的です。しかし、ポイントを押さえた動画を制作できなければ、成果アップにはつながりません。TikTokでの採用活動を成功させるためにも、以下で紹介する4つのポイントを押さえておきましょう。

トレンドを取り入れる

TikTokの採用動画には、トレンドを取り入れるのが効果的です。例えば、流行りの音楽に合わせて社員がダンスする動画が話題を呼んだケースがあります。

トレンドに敏感な若年層のユーザーが多いため、トレンドを意識した動画は受け入れられやすいといえるでしょう。トレンドを押さえていれば、社員と視聴者の年齢が離れていても親近感を持たれやすいです。

「インパクト」と「コンパクト」を意識する

採用動画の制作では、「インパクト」と「コンパクト」を意識しましょう。

日々大量の動画が投稿されているTikTokのなかでは、ユーザーにとってインパクトのない動画は視聴されません。最初の数秒でユーザーの心を掴めるインパクトがあれば、最後まで視聴してもらえる可能性が高まるでしょう。

また、前述のように、TikTokでは長時間の動画だと受け入れられにくいといえます。そのため、要点をできる限り絞って、短時間でコンパクトにまとめるほうがよいでしょう。

職場や社員の魅力を的確に伝える

職場や社員の魅力を的確に伝えることを意識しましょう。インパクトが重要とはいえ、まったくメッセージ性のない動画ばかりでは求職者の心を掴めません。そのため、ユーザーに認知してもらえただけで満足せず、職場や社員の魅力も伝えていくことが大切です。

例えば、社員の仕事風景や自社のコンセプトなどを、長くならない範囲で紹介するとよいでしょう。企業の魅力が伝われば、共感を持ってくれる求職者も増えるはずです。

動画制作に不安があればプロの力を借りる

動画制作に不安があればプロの力を借りましょう。コンセプトムービーのような動画をTikTokで投稿するのであれば、高いスキルや専門知識が必要です。しかし、短い時間で伝えたいことを効果的に表現することは容易ではありません。

その点、動画制作のプロであれば、TikTokユーザーの心を掴める動画の制作が可能です。依頼費はかかるものの、人材採用にかける人件費の大幅な削減が期待できます。採用活動の成功率を高めたい場合は、プロに依頼することを検討しましょう。

採用活動にTikTokを取り入れた企業の成功事例3選

コラム_TikTok採用

ここからは、採用活動にTikTokを取り入れた企業の成功事例を、3社ピックアップして紹介します。

コンテンツマーケティングを手掛けるA社

SNSマーケティングや広告運用などを手掛けるA社のTikTokアカウントは、500万人近いフォロワーを獲得しています(2023年9月時点)。実際に投稿されている動画は、採用動画だけでなく、ユーモアのある内容の動画が多数公開されています。

また、社長が率先して動画に出演しているのが特徴です。社員間の距離が近いことも、若年層に親近感を与えているでしょう。

ネットショップに特化したサポートを提供するB社

自社ネットショップのサポートに特化したB社のTikTokアカウントは、90万件近くの「いいね」を獲得しています(2023年9月時点)。採用動画を積極的に投稿しつつも、ポップなダンス動画などもあり、バランスが取れているのが特徴です。

また、有名芸人が勤務していることも有名であり、実際に複数の動画に出演しています。

タクシー会社のC社

タクシー会社であるC社のTikTokアカウントは、200万人を超えるフォロワーを獲得しています(2023年9月時点)。社長も含めた中年男性が、トレンドの音楽をかけて踊る「おじさんダンサー」の動画が大きな話題を呼びました。認知度の獲得だけでなく、明るい職場の雰囲気が伝わりイメージアップにつながっているでしょう。

TikTokを採用活動に取り入れて競合との差別化を図りましょう

コラム_TikTok採用

TikTokであれば、短い動画で職場や社員の魅力を伝えやすく、拡散による認知度向上も狙えます。そのため、採用活動にTikTokを活用することは有用な方法といえるでしょう。なお、TikTokはZ世代のユーザーが多いため、新卒採用に力を入れたい企業のアプローチ手段としても有効です。

ただし、品質の低い動画を投稿すればイメージダウンにつながる場合もあります。高品質な動画を制作するには、動画制作に熟練した人材が必要です。動画制作を内製化することが難しい場合は、プロの動画制作会社に依頼するようにしましょう。

弊社プルークスでは、2,000社・6,000本以上の制作実績があります。企画から運用まで一貫したサポートを行えるため、気になる人はお気軽にお問い合わせください。

無料ダウンロードはこちら

TikTok運用ノウハウをダウンロードicon_arrow

TikTokの採用動画に関してよくあるQ&A

ここからは、TikTokの採用動画に関してよくある質問についてQ&A形式で紹介します。

Q. TikTokで採用動画を活用するメリットは何ですか?

A. TikTokで採用動画を活用するメリットは、主に以下の4つです。

  • 短時間で自社の魅力を伝えられる
  • 若年層にアプローチしやすい
  • 拡散されるチャンスが多い
  • 他社と差別化できる

Q. どのような企業が、TikTokを採用活動に利用すべきですか?

A. TikTokを採用に活用すべき企業の特徴は、主に以下の3つです。

  • 新卒採用に力を入れたい
  • 伝えたい内容がシンプル
  • スマートフォンでも魅力を伝えられる

Q. TikTokで採用動画を制作する際のポイントは何ですか?

A. TikTokで採用動画を制作する際のポイントは、主に以下の4つです。

  • トレンドを取り入れる
  • 「インパクト」と「コンパクト」を意識する
  • 職場や社員の魅力をしっかり伝える
  • 動画制作に不安があればプロの力を借りる

おすすめの記事

初心者の方必見!TikTok広告の概要について徹底解説します!

【24年最新】採用動画のトレンド事情!求職者に響く採用動画のポイントを紹介

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

採用動画ノウハウ

2,000社6,000件以上の動画制作実績から得たノウハウを元に、新卒・中途採用の課題に対して有効的な動画や活用方法、事例のご紹介をまとめた資料です。学生へのアンケート調査データを元に解説しております。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

動画広告に関する人気記事

採用動画に関する人気記事

動画広告に関する新着記事

採用動画に関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882