COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

TikTokで企業がバズる10の方法とは?企業の広報担当者必見!

コラム_TikTokバズる方法
更新:

近年では、TikTokをマーケティングに活用する企業が増加しています。

多くのTikTok運用担当者が「TikTokでバズりたい」と考えているのではないでしょうか。TikTok運用を成功につなげるには、バズりやすい法則について理解することが大切です。

この記事では、TikTokで企業がバズる10の方法を紹介します。また、TikTokでバズることのメリットやおすすめジャンルもお伝えするため、TikTokの運用を考えている企業の担当者はぜひ参考にしてください。

なお、TikTokの概要やTikTokマーケティングについて詳しく知りたい人には、次の記事もおすすめです。

TikTokマーケティングとは?集客につながる戦略やコツを徹底解説!

弊社ホームページでは、TikTokの運用に関するノウハウをまとめた資料をご用意しております。必要項目を入力すれば誰でもダウンロード可能ですので、気になる人はぜひお試しください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

TikTok運用に関する資料を無料ダウンロードicon_arrow

企業がTikTokでバズることで得られるメリット

コラム_TikTokバズる方法

企業がTikTokでバズることで得られるメリットは、主に次の3つです。

自社の認知向上につながる

TikTokでバズることで、大きな認知向上が期待できます。

投稿したコンテンツがバズることで、多くのユーザーによって拡散され、自社を認知していない多くのユーザーから見てもらえるでしょう。そうなれば、1件の投稿だけで爆発的な認知向上をもたらす可能性があります。

歴史の浅い企業が認知向上を図る場合、多くの広告費を費やすことになるでしょう。しかし、TikTokで一度バズれば、こういったコストを払わなくても大きな認知拡大が期待できます。

新たなフォロワーを獲得できる

TikTokでバズることで、新たなフォロワーの獲得につながります。

多くのユーザーに投稿内容が閲覧されれば、自社に興味を持ってくれるユーザーも発生するでしょう。その結果、自社アカウントをフォローしてくれるユーザーの増加が期待できます。

ユーザーがフォロワーになれば、自社のコンテンツが表示されやすくなります。その後の投稿次第では、フォロワーを自社のファンに変えることも可能です。

商品やサービスの訴求効果が高まる

TikTokでバズることで、商品やサービスの訴求効果が高まります。

バズった後に、商品やサービス紹介の投稿を行えば、多くのフォロワーに見てもらえるでしょう。その結果、投稿から商品やサービスの購入につなげられるチャンスが増えます。

また、フォロワーには、過去の投稿内容を見てもらえる可能性もあります。商品やサービスの高品質なPR動画などを投稿していれば、長期的な訴求効果が期待できるでしょう。

【基本】企業がTikTokでバズる7つの方法

コラム_TikTokバズる方法

企業がTikTokでバズる方法はさまざまですが、難易度は方法によって異なります。

まずは、TikTokの運用レベルで取り入れられる基本的な7つの方法を紹介します。

レコメンド(おすすめ)表示を狙う

TikTokでバズるには「レコメンド(おすすめ)」の表示を狙うことが大切です。

TikTokのレコメンドとは、ユーザーに合ったおすすめ投稿をAIが選んで表示する機能を指します。自社の投稿がおすすめ表示されると、多くのユーザーに見られやすくなるでしょう。

レコメンドに表示されるには、視聴時間・視聴完了数・いいね数・コメント数・シェア数などの向上が必要です。高品質な投稿により、TikTokのAIからの評価アップを目指しましょう。

TikTokレコメンドへの表示を狙うためのポイントについて、以下の記事で詳しく紹介しているため、気になる人は参考にしてください。

TikTokレコメンドとは?おすすめに表示されやすくするポイントを紹介!

他SNSとの連携を図る

自社アカウントへの流入経路を増やすために、TikTokの投稿を他SNSと連携させましょう。

TikTokには「Instagram」や「X(旧Twitter)」といった他SNSと連携する機能があります。

さまざまなコミュニケーションツールが普及しているため、複数のSNSでアカウントを作成しているユーザーは多いでしょう。ユーザーが他SNSで自社の投稿に興味を持てば、TikTok投稿を閲覧したりフォローしたりしてくれる可能性があります。

流行りの歌・音楽を取り入れる

TikTokの投稿に、流行りの歌や音楽を取り入れるのもおすすめです。

TikTokには、トレンドに敏感な若者ユーザーが多く存在します。そのため、流行りの歌や音楽が盛り込まれた投稿であれば、若者に興味を持ってもらえる可能性が高いでしょう。

例えば、社員が流行りの曲を歌ったり、音楽に合わせて踊ったりする動画はバズりやすいといえます。特に、若年層のファン獲得を目指したいのであれば、積極的に取り入れましょう。

ギャップがある演出を取り入れる

TikTokの投稿には、ギャップがある演出を取り入れるのも効果的です。

短時間のコンテンツがメインとなるTikTokでは、ユーザーが1つの投稿を見る時間は短い傾向があります。そのため、動画の冒頭ですぐに興味を惹けなければ、すぐ次の動画に移動されてしまうでしょう。

そこで、ユーザーの興味を惹ける要素として、ギャップがある演出を取り入れることが大切です。例えば、真面目な見た目の役員が流行りの曲で踊れば、ギャップから意外性・話題性が生まれます。その結果、最後まで動画を視聴されたり、投稿がシェアされたりする可能性があるでしょう。

ハッシュタグを有効活用する

TikTokには、投稿に特定のキーワードを関連付ける「ハッシュタグ」機能があります。

TikTokでバズるチャンスを増やすために、ハッシュタグを有効活用しましょう。具体的には、動画の内容に合ったキーワードを、投稿時にハッシュタグとして付けます。

ハッシュタグを付けることで、キーワード検索でのヒットや、関連動画としての表示を狙えます。ただし、過剰にハッシュタグを付けると投稿内容が読みづらくなるため注意が必要です。

投稿の時間帯・頻度を見直す

TikTokでバズるには、投稿の時間帯や頻度も見直しも大切です。

利用者の多い時間帯に投稿することで、より多くのユーザーに見てもらいやすくなります。具体的には、朝の通学・通勤や夕方以降の下校・退勤、就寝前といった時間帯がおすすめです。

また、投稿頻度が低いとAIからの評価が下がり、レコメンド表示されにくくなる可能性があります。そのため、投稿ペースに偏りがある場合は、定期的な投稿を目指しましょう。

フォロワーとのコミュニケーションを図る

TikTokでバズるには、フォロワーとのコミュニケーションを図ることも大切です。

例えば、フォロワーのコメントに返信したり、リクエストに応える動画を投稿したりするとよいでしょう。

良好な関係を構築することで、フォロワーに離脱されにくくなります。また、フォロワーからの支持を得られれば、知人に共有してくれる可能性もあるでしょう。

【発展】企業がTikTokでバズる3つの方法

コラム_TikTokバズる方法

続いて、企業がバズるための発展的な方法を3つ紹介します。これらの方法は難度が上がるものの、バズる可能性が高い方法です。

キャンペーンを開催する

TikTokで独自のキャンペーンを開催することは、バズるために効果的な手法といえます。

魅力的なキャンペーンであれば、多くの参加者が集まる可能性があります。話題になれば、自社を認知していない多くのユーザーに知ってもらえるでしょう。

例えば、アパレル業界大手のユニクロも、過去にTikTokでキャンペーンを開催しています。このキャンペーンには多くのユーザーが参加し、話題となりました。

人気TikTokerとコラボする

人気TikTokerとコラボすることで、バズる可能性が高くなります。

TikTokerが抱える多くのフォロワーへ商品やサービスを紹介できるため、効果的なアプローチが可能です。

実際のところ、人気TikTokerが紹介したことでバズった商品は多く存在します。依頼費は発生しますが、高い訴求効果が期待できるため、取り入れる価値はあるでしょう。

TikTokマーケティングのプロに相談する

TikTokでバズるには、SNSの運用・マーケティングに関する専門知識が必要です。

SNSの運用経験がある専門家が自社にいない場合、バズるための施策を正しく取り入れることは難しいでしょう。

しかし、TikTokマーケティングのプロであれば、自社の現状を正しく分析し、バズりにつながる適切なアドバイスを提供してくれます。不安があれば、TikTokマーケティングのプロに相談することを検討しましょう。

弊社ホームページでは、TikTokの運用に関する資料をご用意しております。必要項目を入力すれば誰でもダウンロード可能ですので、気になる人は以下よりお試しください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

TikTokの運用に関するノウハウをまとめた資料をダウンロードicon_arrow

TikTokでバズりやすいジャンル3選

コラム_TikTokバズる方法

TikTokでバズるには、バズりやすいジャンルを把握してコンテンツに反映させることが大切です。

ここでは、TikTokでバズりやすいジャンルを3つピックアップして紹介します。

特技系

ユニークな特技を持っている社員がいれば、動画で披露しましょう。

動画にサプライズを求めるユーザーは多いため、特技を取り入れたコンテンツはユーザーの興味を惹きやすいといえます。また、他のユーザーには真似できない特技であれば、他社・他者との差別化を図れるでしょう。

面白系

面白さが感じられるコンテンツを目指すのも、バズるために効果的です。

他のSNSに比べると若年層ユーザーが集まるTikTokには、面白さを求めるユーザーも多く存在します。奇抜な見た目や一発ギャグなど、笑えるものは繰り返し視聴されやすいでしょう。

ノウハウ・ランキング系

情報収集の目的でTikTokを活用するユーザーも多く存在します。

興味深いテーマのノウハウを伝えるコンテンツは、ユーザーの知識欲を満たせるでしょう。また、構成を考える手間は生じますが、ランキング形式で何かを紹介する動画もおすすめです。

1位が気になるテーマであれば、最後まで視聴してもらえる可能性が高まります。

バズる方法を取り入れてTikTokマーケティングを成功させよう

コラム_TikTokバズる方法

TikTokでバズることで、自社の認知向上や訴求効果アップが期待できるため、積極的に取り入れることをおすすめします。

ただし、TikTokでバズる可能性を高めるには、TikTokマーケティングに精通した人材が必要です。ユーザーに悪いイメージを一度でも持たれてしまうと、払拭するには多くの時間を要するため、初めからTikTokマーケティングのプロに依頼するようにしましょう。

弊社プルークスでは、動画の企画から制作、SNS運用までトータルサポートを提供しています。TikTokマーケティングのサポートも提供しているため、お困りであればぜひご相談ください。

TikTokでバズる方法に関してよくあるQ&A

ここからは、TikTokでバズる方法に関してよくある質問についてQ&A形式で紹介します。

Q. 企業がTikTokでバズるメリットは何ですか?

A. 企業がTikTokでバズることで、以下のようなメリットを得られます。

  • 認知度の向上につながる
  • 新たなフォロワーを獲得できる
  • 商品やサービスの訴求効果が高まる

Q. 企業がTikTokでバズるには、どのような方法がありますか?

A. 企業がTikTokでバズる方法として、以下の10点をおすすめします。

  • レコメンド(おすすめ)表示を狙う
  • 他SNSとの連携を図る
  • 流行りの歌・音楽を取り入れる
  • ギャップがある演出を取り入れる
  • ハッシュタグを有効活用する
  • 投稿の時間帯・頻度を見直す
  • フォロワーとのコミュニケーションを図る
  • キャンペーンを開催する
  • 人気TikTokerとコラボする
  • TikTokマーケティングのプロに相談する

Q. TikTokでよくバズるジャンルは、どのようなものですか?

A. TikTokでは、以下のようなジャンルがバズりやすいといえます。

  • 特技系
  • 面白系
  • ノウハウ・ランキング系

おすすめの記事

TikTokで収益化する方法とは?5つのコツを徹底解説!

TikTokマーケティングとは?集客につながる戦略やコツを徹底解説!

この記事の監修者

監修者
松浦 寛之(まつうら のぶゆき)
株式会社プルークス 代表取締役社長 大学卒業後、NTTデータに入社し出向先のベンチャー企業でマネジメントを経験。2012年よりジュピターテレコム(現JCOM)において、メディア事業の戦略策定、新規事業開発に従事。メディア・エンターテインメント市場が変化するなか、動画マーケテイング領域に可能性を見出し、2018年4月にプルークスに参画。2020年7月からは代表取締役社長に就任。商品やサービスのプロモーションにとどまらず、インナーブランディング、採用、IRまで企業の経営課題の解決を動画の側面から支援している。
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

TikTok運用方法の手引き

「TikTok運用」をするにあたり、TikTokの概要説明と考えるべきポイントなどについて説明した資料となっております。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

SNS動画に関する人気記事

動画マーケティングに関する人気記事

SNS動画に関する新着記事

動画マーケティングに関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882