COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

Instagram広告のクリック率を上げるには?コンバージョン改善の施策も紹介

コラム_Instagram広告 クリック率
更新:

Instagramは、20代~30代の女性を始めとした多くの人が利用しています。画面上でスクロールを行えば、次々とコンテンツが表示されるため、高品質な広告を掲載すれば多くのユーザーに見てもらえるでしょう。

しかし、低品質な広告を掲載すれば、企業に対して悪いイメージが付いてしまう可能性があります。

訴求効果が高い高品質な広告を投稿するには、クリック率などの指標を基に効果検証を積み重ねることが大切です。

そこで今回は、Instagram広告のクリック率やコンバージョンの基礎知識から、クリック率の目安、クリック率が低い原因と対策を解説します。

なお、Instagram広告の種類や特徴などの概要について正しく理解したい人は、以下の記事をご確認ください。

Instagram広告の種類とは?企業における成功事例の動画と併せて紹介!

弊社ホームページでは「Instagram」に関する基礎をまとめた資料をご用意しております。必要項目を入力すれば誰でもダウンロード可能ですので、気になる人はぜひお試しください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

Instagram広告に関するノウハウをまとめた資料をダウンロードicon_arrow

Instagram広告のクリック率・コンバージョンに関する基礎知識

コラム_Instagram広告 クリック率

Instagram広告のパフォーマンスを正しく評価し、改善するために必要な指標として「クリック率」と「コンバージョン」が挙げられます。

これらの指標を適切に理解したうえで改善案を立案することが、効果的なInstagram広告の運用を行うために必要といえるでしょう。

まずは、クリック率とコンバージョンに関する基礎知識から解説します。

クリック率とは

クリック率とは、表示された広告がユーザーにどれだけクリックされたかを示した割合のことです。

具体的には、表示された回数に対して実際にクリックされた回数を百分率で表し、「クリック回数÷表示回数×100」という計算式で算出されます。この数値が高ければ高いほど、広告に対してユーザーがどれだけの興味・関心があるかが理解できるでしょう。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、広告に接触したユーザーが商品を購入するなど、目的とする行動を完了させた成果を指します。

コンバージョン率は、「コンバージョン数÷クリック回数×100」という計算式で算出することが可能です。コンバージョン率を把握すれば、広告から成果につながった効率性を把握できます。

コンバージョンを獲得するには、前提としてユーザーから広告をクリックしてもらう必要があるため、十分な成果を得られていない場合は、クリック率の改善から始めましょう。

Instagram広告における平均クリック率の目安

コラム_Instagram広告 クリック率

一般的に、Instagram広告の平均クリック率は0.5~1.5%程度です。そのため、実際に運用する際は目標として、1%以上のクリック率を目指すようにしましょう。

しかし、業種によっては平均クリック率を1%獲得することが困難なケースもあります。

例えば、ゲーム、美容、アパレル関連の広告は、Instagramの主な利用者層が若者・女性が多いことからユーザーの関心が集まりやすいといえます。そのため、平均で1~1.5%程度のクリック率が期待できるでしょう。

一方で、金融・保険や建築・リフォームなど専門性が高く、ユーザーの購入決定に慎重さが求められるような分野では、0.5~1.0%程度とやや低めであることが一般的です。

つまり、商品・サービスの購入ハードルが低く、ユーザーの興味・関心が集まりやすい分野ほどクリックに至る可能性が高くなります。

Instagram広告のクリック率が低い原因と対策

コラム_Instagram広告 クリック率

Instagram広告のクリック率が低い場合、さまざまな原因が考えられます。

以下では、クリック率が低くなる主な原因についてみていきましょう。

広告内容がターゲット層にマッチしていない

Instagram広告のクリック率が低い原因として「広告内容がターゲット層に合っていない」可能性があります。

例えば、高齢者向けの商材をしたい場合、若年層のユーザーが多い媒体で広告を表示させても「クリックしてみよう」と思わせるのは難しいでしょう。

この場合の解決策として、ターゲティング設定を見直し、実際に商品を購入する可能性が高いユーザー層に絞った媒体で広告を配信することが大切です。

各SNSにおける特徴について、以下記事でまとめています。自社で取り扱う商材がどの媒体で配信することが効果的なのかを判断する際にご活用してはいかがでしょうか。

動画配信に適した6大SNSとは? 最適な長さと成果につながる制作方法

クリエイティブ(広告)に魅力が足りない

クリエイティブの魅力が不足している場合も、ユーザーからクリックを獲得することが難しくなります。

インパクトが不足している画像や動画では、ユーザーの興味・関心を惹くことは難しいでしょう。ユーザーの興味を惹くには、意外性のあるビジュアル、独創的なメッセージなど、他にはないクリエイティブを作成することが重要です。

視覚的な魅力とともに、ブランドや商品の独自性を前面に出すことで、クリック率の向上が見込めます。

Instagram広告のクリック率(CTR)を上げるための施策

コラム_Instagram広告 クリック率

Instagram広告のクリック率を向上させることは、広告効果を最大化するうえで重要です。

以下で紹介する施策を適切に実行することで、Instagram広告のクリック率の向上が期待できます。

動画広告を取り入れる

静止画広告では十分なクリック率を得られない場合、動画広告への切り換えを検討しましょう。

動画は静止画に比べて伝えられる情報量が多く、視覚のみならず聴覚にも訴求することが可能です。特に、ストーリー性のある動画や、視覚的なサプライズが含まれているものは、ユーザーに強い印象を与えるため、クリックにつながりやすい傾向にあります。

弊社プルークスでは、これまで2,000社6,000本以上の動画を制作した実績があります。お客様の成果を生み出すために、動画の制作から運用まで一貫したサポートを行えますので、お困りであれば以下よりお問い合わせください。


広告の配信時間を見直す

Instagram広告では、希望に応じた時間に配信されるように設定できます。

一般的に19時から22時の時間帯は、多くの企業が広告を配信するため競争が激しくなるでしょう。そのため、このピークタイムは避けることがおすすめです。

ターゲット層の活動が活発な時間帯に配信すれば、広告の視聴数とクリック率を向上させることが可能です。例えば、ターゲット層がサラリーマンであれば、朝の通勤時間帯や昼休みに合わせて配信することで、広告効果を高められます。

CTA(行動喚起)を入れる

CTA(Call To Action)は、ユーザーに特定のアクションを促すメッセージであり、これを広告に含めることでクリック率の向上が期待できます。

例えば、「今すぐ購入する」「詳細を見る」「登録する」などの言葉を動画の最後に設置することで、ユーザーは動画視聴後の行動を移しやすくなるでしょう。

Instagram広告のコンバージョン率(CVR)を上げるための施策

コラム_Instagram広告 クリック率

コンバージョン率の向上は、ビジネスにおける成果に直結するため、課題を感じている企業が多いのが現状です。

以下では、コンバージョン率を向上させるための施策について紹介するため、Instagram広告におけるコンバージョン率に課題がある場合は参考にしてください。

ランディングページ(LP)を最適化する

Instagram広告に訪れたユーザーをコンバージョンまでつなげるには、ランディングページ(LP)を最適化する必要があります。

仮に、広告とランディングページの内容が一致していない場合、ユーザーは混乱し離脱してしまうでしょう。

そのため、ランディングページはユーザーにとってわかりやすく設計し、購入や登録などのプロセスをシンプルにすることが大切です。

ABテストを実施する

ABテストとは、内容が異なる複数の広告をテストし、最も効果的な施策を判断するための手法です。

具体的には、異なるクリエイティブ、キャッチコピー、レイアウトを配信し、ユーザーの反応を分析します。

ABテストは、ユーザーの好みや行動を理解・把握できることが大きなメリットであり、クリック率の向上を図る施策としても有効です。

専門家のサポートを受ける

コンバージョン率を上げるには、ツールを用いてさまざまな指標を分析し、改善策を立案する必要があります。そのため、広告運用や動画マーケティング、Web制作などの専門的な知識と経験が求められるでしょう。

自社内に上記のスキルを有した人材がいない場合、プロにサポートを依頼することをおすすめします。

専門家によるサポートは、適切な戦略の策定、効果的な広告素材の作成、UX(ユーザーの体験)の向上など、さまざまな場面で有効に働くでしょう。

 

Instagram広告を見直してクリック率・コンバージョンの改善につなげよう

コラム_Instagram広告 クリック率

Instagram広告のクリック率、コンバージョンを改善するには、継続的な分析と戦略の最適化が必要です。

しかし、さまざまな指標を調査・分析し、得られた情報を基に新たな改善策を立案するため、専門的な知識が必要となるでしょう。

自社で運用しているInstagram広告のクリック率・コンバージョンに課題を感じているのであれば、弊社プルークスへお気軽にご相談ください。

弊社では、動画制作に限らず運用・検証まで一貫したサービスを提供しています。お客様の状況に合わせた施策を提案させていただきますので、不安があればぜひお問い合わせください。

Instagram広告のクリック率やコンバージョンに関してよくあるQ&A

最後に、Instagram広告のクリック率やコンバージョンに関してよくある質問をQ&A形式で紹介します。

Q. Instagram広告のクリック率やコンバージョンとは何ですか?

A. クリック率とは、表示されたInstagram広告がクリックされる割合のことです。一方でコンバージョンとは、表示されたInstagram広告が購入や登録といった成果につながることを指します。

なお、コンバージョンの改善には、クリック率の向上が必要です。

Q. Instagram広告における平均クリック率の目安はどの位ですか?

A. Instagram広告の平均クリック率は0.5~1.5%程度が目安です。ただし、業界によって前後し、商材の単価が低いほどクリック率は高くなる傾向があります。

Q. Instagram広告のクリック率が低い原因は何ですか?

A. Instagram広告のクリック率が低い原因としては、主に以下の2つが考えられます。

  • 広告内容がターゲット層にマッチしていない
  • クリエイティブに魅力が足りない

おすすめの記事

Instagram広告の種類とは?企業における成功事例の動画と併せて紹介!

動画配信に適した6大SNSとは? 最適な長さと成果につながる制作方法

この記事の監修者

監修者
松浦 寛之(まつうら のぶゆき)
株式会社プルークス 代表取締役社長 大学卒業後、NTTデータに入社し出向先のベンチャー企業でマネジメントを経験。2012年よりジュピターテレコム(現JCOM)において、メディア事業の戦略策定、新規事業開発に従事。メディア・エンターテインメント市場が変化するなか、動画マーケテイング領域に可能性を見出し、2018年4月にプルークスに参画。2020年7月からは代表取締役社長に就任。商品やサービスのプロモーションにとどまらず、インナーブランディング、採用、IRまで企業の経営課題の解決を動画の側面から支援している。
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

Instagram動画広告の基礎知識

Instagram広告について説明した資料です。Instagramの基礎知識から運用方法まで、詳しく解説しております。弊社では、Instagram広告の企画・動画制作・配信までお手伝いしております。

会社名(必須)
氏名(必須)

部署名(必須)
役職(必須)
電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882