COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

医療現場において動画の活用が増加中!具体的な活用シーンとは?

コラム_医療動画
更新:

医療現場において、さまざまなシーンで「動画」を活用するケースが増えています。

例えば、院内スタッフの教育や情報共有、患者への説明などが該当するでしょう。この他にもさまざまなシーンで動画を見る機会が増えていることから、医療における動画の活用は今後ますます増えていくと予測できます。

今回は、医療現場における動画の活用について紹介するため、気になる人は参考にしてください。

医療業界で動画の活用が効果的な理由

コラム_医療動画

医療現場において、動画を活用することでさまざまなメリットを得られます。ここからは、動画の活用が効果的な理由についてみていきましょう。

短時間で多くの情報量が伝えられる

動画は、文字や画像に比べて視聴者に短時間で多くの情報を伝えることが可能です。

とある海外企業の調査では、「1分間の動画は約180万字に相当する情報量を伝えられる」との研究結果があり、動画は文字の約5,000倍の情報量を伝えられるといわれています。

医療業界は専門的な内容が多いため、文字ベースの資料だと理解するまでに時間がかかるでしょう。しかし、動画であれば、見る側は効率よく正確に理解できます。

また、文字であれば能動的に読まなければなりませんが、動画であれば受動的に情報を理解できるので、見る側の負担を軽減できるでしょう。

見る側(患者)に安心感を与えられる

病院の待合室で施設やスタッフの紹介動画を流すことで、不安を抱えている・待ち時間にストレスを感じている患者の負担軽減が期待できます。

さらに、患者・家族への疾患や治療方針などを説明する際に、動画を説明資料として活用することで、属人化を防げるでしょう。説明レベルの均一化を図れるため、患者の医療に対する理解促進が期待できます。

業務の効率化が期待できる

業務のマニュアルを動画化すれば、スタッフへの説明にかかる時間を短縮できます。

動画であれば、膨大な文字や口頭で説明するよりも効率的に伝えられるとともに、情報の均質化が可能です。例えば、同じ症状・薬を使用している患者がいれば、対処法や注意事項について1つの動画で伝えられます。

また、視聴デバイスの進化によって、時間や場所を問わず動画を視聴できるため、お互いのスケジュールを調整する必要がないことも、動画を活用するメリットといえるでしょう。

弊社では、動画制作に関する基本事項をまとめた資料をご用意しています。必要項目を入力すれば無料でダウンロードできますので、気になる人はぜひお試しください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

動画制作に関するノウハウをまとめた資料をダウンロードicon_arrow

医療動画の活用シーンと具体的な効果について

コラム_医療動画

先述した通り、医療業界ではさまざまなシーンで動画が活用されています。ここでは、具体的な活用シーンと効果について紹介するため、院内で活用できそうか確認してみてください。

教育・研修

医療は、常に人の命と向き合う必要があるため、専門的で高度な技術が求められる仕事です。多忙ななか、教育に十分な時間を割けない病院も多いでしょう。

そのような場合は、日々の業務をマニュアル化した動画を用意することで、スタッフの作業効率の向上が期待できます。口頭や文章で説明するよりも、実務の流れを動画で見せることで理解力は高まるでしょう。

また、教育用の動画をあらかじめ用意しておくことで、見る側は好きなタイミングで学べます。なお、複数人に均質な情報を伝達できるため、教材としても活用可能です。

さらに、医療現場での技術や手順などノウハウを動画化すれば、医療情報として後発の臨床現場での実践に活かせるでしょう。カルテや論文といった文字情報に留まらず、動画を用いて技術・症例の情報共有を行うことにより、医療業界全体の進歩や発展にまでよい効果が期待できます。

医療機器の使用方法

昨今では、さまざまな技術が発達しており、高度な医療機器が導入されています。文字ベースの説明書では、使用者が理解するまでに時間がかかるでしょう。しかし、使用方法を動画化すれば、実際の使用シーンを確認できるため、医療機器の誤操作を防げる可能性が高まります。

また、製薬会社や医療機器メーカーの営業用の資料としても、動画の活用が増えつつあります。仕組みが複雑で専門的になりがちな製品やサービスの説明も、視聴者に対して直感的にわかりやすく伝えられるため、効果的なプロモーションを実現できます。

病院紹介

病院の特徴や雰囲気は、パンフレットなどの紙媒体の資料よりも動画で表現したほうが見る側も理解しやすくなります。

情報量が多い紙やWebページを見るのは負担になってしまう場合もありますが、動画であればアニメーションなどの技術で動きを与えられたり、短時間で理解を促進できたりするため、飽きを感じさせにくいでしょう。

また、患者にとって高度で専門的な医療の内容はわかりにくく、どの病院で治療を受けることが適切か、潜在的に不安を抱えているケースが多くあります。そういった人に、病院紹介の動画を視聴してもらうことで、信頼性や安全性のアピールにつながるでしょう。

採用活動

昨今の医療業界では、人手不足が大きな課題です。

そういった状況のなか、人材確保のためにさまざまな取り組みを行っている企業も多いでしょう。競合他社との人材獲得競争が激化するなかで、採用活動に動画を用いれば他社との差別化を図れます。

求職者にとって魅力的と感じてもらえれば、応募数の増加にもつながるでしょう。

また、TikTokやYouTube、Instagramは今後就職を控えるZ世代が多く利用しています。総務省の調査資料によると、日本国内のソーシャルメディアの利用率は今後も増加することが予測されています。こういったソーシャルメディアに病院説明会や設備紹介の動画を公開することで、多くの求職者に見てもらえる可能性があるでしょう。

引用:総務省|令和5年版情報通信白書

その他

動画は、病院内のデジタルサイネージにも活用可能です。

医療機関は利用者が多いだけでなく、人手不足のため、院内での待ち時間は長くなってしまう傾向にあります。そのような場合に、デジタルサイネージで興味を惹ければ待ち時間でストレスを感じている患者の精神的・物理的な負担の緩和を図れるでしょう。

さらに、病院の紹介や病気を予防する方法などの情報を動画化すれば、院内に掲示しているチラシやポスターよりも見てもらえる可能性が高まります。その結果、病院のイメージアップや差別化、健康意識の向上などの効果が期待できます。

医療動画を制作するときのポイント

コラム_医療動画

医療動画を制作する際には、注意すべきポイントが多数存在します。医療業界ならではの制約があるため、正確に把握しておきましょう。

見る側の目線に立って制作する

医療はそもそも「堅い」「難しい」といったイメージがあり、手術や治療に不安を抱える患者も多く存在します。

そのため、「親しみやすい雰囲気」や「信頼できる印象を与えられるか」を重視したうえで制作したほうがよいでしょう。具体的には、視聴者がどんな情報を求めているのか、何に不安を抱えているのか、を的確に洗い出し、それに応えられる内容かを精査することが必要です。

特に、病院内で患者向けに流す動画の場合は、「安心感」を与えられるような演出や構成にこだわりましょう。視聴する環境によっては音声を流せない可能性もあるため、字幕やアニメーションを挿入するといった工夫も有効です。

専門家・関係者に出演を依頼する

医療動画は、人の健康や生活に関わる内容を取り扱うため、専門的な知識を的確に発信できる人物に出演してもらうようにしましょう。

専門家に出演してもらうことで、視聴者からの信頼感を得られます。なお、専門家の依頼が難しい場合は、院長や医師に出演してもらうことがおすすめです。

また、台本を読み上げるだけの説得力のない動画にせず、コンテンツに合わせて自然な雰囲気を演出するように心がけましょう。

医療広告ガイドラインや法律に注意する

医療においては、広報・販促活動の際に禁止されている表現や演出が数多く存在します。

さらに、こういったガイドライン・法律は、詐欺や悪質な広告から消費者を守るために更新されています。そのような状況のなかで、最新かつ正確な情報を患者に提供するためにも、法律に詳しい専門家の監修を受けることを検討しましょう。

制約が多いなかで「伝えたいことをわかりやすく」伝える必要があるため、医療動画の制作する際は経験が豊富な制作会社に依頼することをおすすめします。

医療動画を制作するのであれば制作会社への依頼がおすすめ

コラム_医療動画

医療の分野では、扱う内容がセンシティブなケースもあり、さまざまな規制が存在します。規制を破ってしまうと、社会的な地位を失うケースもあるため、その分野に特化した専門家に監修を依頼することが望ましいでしょう。

患者をはじめとした視聴者に不安を与えない・信頼感を得るためにも、医療動画の制作には専門的な知識・経験が豊富な映像制作会社に依頼するのがおすすめです。

弊社プルークスでは、医療業界向けの動画を制作した実績もあり、企画立案の段階から運用まで一貫したサポートを行います。何か不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

医療動画に関してよくあるQ&A

ここからは、医療業界における動画の活用について、よくある質問をQ&A形式で紹介します。

Q. 医療業界で動画の活用が効果的な理由は何ですか?

A. 医療業界において、動画の活用が効果的な理由は以下の通りです。

  • 短時間で多くの情報量が伝えられる
  • 見る側(患者)に安心感を与えられる
  • 業務の効率化が期待できる

Q. 病院で医療動画を活用するシーンを教えてください

A. さまざまなシーンで活用できますが、主に以下のようなシーンで活用可能です。

  • 教育・研修
  • 医療機器の使用方法
  • 病院紹介
  • 採用活動 など

Q. 医療動画を制作するときのポイントはありますか?

A. ガイドラインや法律などで制約が多いため、基本的に内製することは避けるべきですが、内製する場合は以下の点に注意しましょう。

  • 見る側の目線に立って制作する
  • 専門家・関係者に出演を依頼する
  • 医療広告ガイドラインや法律に注意する

この記事の監修者

監修者
松浦 寛之(まつうら のぶゆき)
株式会社プルークス 代表取締役社長 大学卒業後、NTTデータに入社し出向先のベンチャー企業でマネジメントを経験。2012年よりジュピターテレコム(現JCOM)において、メディア事業の戦略策定、新規事業開発に従事。メディア・エンターテインメント市場が変化するなか、動画マーケテイング領域に可能性を見出し、2018年4月にプルークスに参画。2020年7月からは代表取締役社長に就任。商品やサービスのプロモーションにとどまらず、インナーブランディング、採用、IRまで企業の経営課題の解決を動画の側面から支援している。
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

動画広告に関する人気記事

研修動画に関する人気記事

動画広告に関する新着記事

研修動画に関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882