COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

アパレル業界で動画広告を活用するシーンとは?導入するメリットや事例を紹介します

コラム_アパレル動画
更新:

アパレル業界において、マーケティングに変革が求められつつあります。さまざまな変化への対応が求められるなかで、アパレル業界で注目されているのが「動画広告」の活用です。新たな販売戦略として、動画広告の活用を検討しているアパレル会社も多いでしょう。

本記事では、アパレル業界における動画広告の活用に関して幅広くお伝えします。アパレル業界で動画広告を導入するメリットや事例も紹介するため、導入を検討している人はぜひ参考にしてください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

商品・サービス紹介動画に関する資料ダウンロードはこちらicon_arrow

アパレル業界における動画広告の活用シーン

コラム_アパレル動画

アパレル業界では、さまざまなシーンで動画広告を活用できます。アパレル業界における動画広告の代表的な活用シーンは、次の4つです。

ブランディング

動画広告は、ブランディングの手段として有効です。動きのない文章だと、コンセプトやブランドイメージを正確に伝えることは難しくなります。しかし、動画であれば、実際の映像とともにブランドの世界観を表現できるため、イメージの具体化が可能です。

アパレルに関心を持つ消費者は、ブランドの世界観と自身を重ね合わせて評価するでしょう。動画を通してブランドイメージを視聴者に正しく提示できれば、新規顧客へのアプローチの質を高めることにつながります。

新商品・コーディネートの紹介

動画広告であれば、自社ブランドの新商品やコーディネートの紹介を効果的に行えます。例えば、ECサイトで洋服を購入する場合、画像情報のみで購入すると、「画像で見たイメージと異なる」といった状況に陥るケースがあるでしょう。これは、画像では立体感や空気感が伝わりづらいためです。

しかし、動画であれば、モデルの動きとともに着こなしのイメージを伝えられます。同じ商品でも、季節やシーンごとに異なるコーディネートを紹介すれば、視聴者はイメージしやすくなるでしょう。また、着こなしテクニックといった視聴者に有益な情報を伝えれば、ブランドイメージの向上を図ることも可能です。

セールの告知

動画広告は、セールの告知にも役立ちます。関心度が高くないライト層の場合、魅力的な購買チャンスがなければ、来店やサイト訪問といったアクションは呼び起こせないでしょう。

その点、配信手段の豊富な動画広告であれば、ライト層も含めて幅広い消費者に視聴してもらえます。セールの開催期間やメリットなどをわかりやすく伝えることで、集客力アップにつながるでしょう。

人材採用

動画広告は、アパレル会社が人材採用を図るうえでも効果的です。動画であれば、アパレル店員へのインタビューや、仕事風景といったコンテンツを盛り込めます。そのため、文章や写真だけで求人情報を伝えることに比べると、自社の魅力が伝わりやすいといえるでしょう。

日本では深刻な労働人口減少によって、アパレル業界でも人材確保が難しくなっています。アパレル会社が優秀な人材を採用するには、求職者への効果的なアプローチが必要です。人材採用の成果アップを図るうえで、高品質な採用動画の制作は有効といえます。

アパレル業界で動画広告を活用するメリット

コラム_アパレル動画

動画広告は、アパレル業界に多くのメリットをもたらす手法です。アパレル業界で動画広告を活用する主なメリットとして、次の4つが挙げられます。

新規顧客にアプローチしやすい

動画広告は、新規顧客へのアプローチを容易にします。画像広告に比べて視聴者に強い印象を与えられるため、自社ブランドを知らない消費者にも興味を持ってもらえる可能性が高まるでしょう。

また、動画広告を配信できるSNSの多くは、年代や性別といった細かいターゲット設定が行えます。自社のターゲット層に合わせた設定を行うことで、購買意欲が高い消費者へアプローチが可能です。

商品の魅力をしっかり伝えられる

動画広告であれば、画像広告と比べて商品の魅力をしっかり伝えられます。動画は、視覚だけでなく聴覚にも訴求できるため、視聴者は多くの情報を効率よく理解できます。なお、わかりやすいナレーションやブランドに合ったBGMを活用すれば、訴求力がさらに高まるでしょう。

また、長文の説明だと消費者にはストレスとなり、商品の魅力が伝わる前に離脱されてしまいます。その点、動画であれば映像を通して自然と情報が入ってくるため、文章を追うストレスを与えずに済むでしょう。

動画広告からECサイトに誘導できる

ECサイトに誘導できることも、動画広告のメリットです。アフターコロナのアパレル業界では、オンライン販売がより一層重要になっています。しかし、競合他社もオンライン販売を強化しつつあるなかで、自社のECサイトに訪問してもらうことは容易ではありません。

しかし、動画広告であれば、視聴者がクリックした際に購入ページへ誘導することが可能です。ターゲット層に響く動画広告を配信できれば、ECサイトの集客力アップにつながるでしょう。一度訪問されれば、さまざまな商品を閲覧してもらえる可能性も期待できます。

SNSでの拡散が狙える

動画広告をSNSで配信することで、拡散も狙えます。SNSではシェア機能を用いることで、フォロワーへの手軽な情報共有が可能です。SNSユーザーの興味を惹く動画広告を配信できれば、フォロワーからフォロワーへと連鎖的にシェアされる可能性があります。

動画広告に人気のインフルエンサーを起用すれば、多くのフォロワーへ視聴してもらえるでしょう。SNS上で動画広告が拡散されれば、広範な認知度向上も期待できます。

動画を活用した商品・サービスの認知拡大の方法に関して、以下の資料でまとめていますので、気になる人はダウンロードしてください。

すべての資料が無料でダウンロード可能

商品・サービス紹介動画に関する資料ダウンロードはこちらicon_arrow

アパレル業界で動画活用を成功させるポイント

コラム_アパレル動画

アパレル業界にとって広告動画は有力な手法ですが、取り組み方を誤ると期待した効果が得られない可能性もあります。アパレル業界で動画活用を成功させるために、以下で紹介する4つのポイントを押さえておきましょう。

商品やブランドに合った広告配信先を選ぶ

広告配信先は、商品やブランドに合わせて選びましょう。動画広告はYouTubeやInstagram、TikTokなど、さまざまなプラットフォームで配信可能です。しかし、それぞれ利用するユーザー層が異なるため、どの広告配信先を選ぶかで得られる成果が異なります。

例えば、若年層をターゲットにする場合、若年層ユーザーが多いInstagramがおすすめです。一方で、全世代に幅広く訴求したいのであれば、幅広い世代で利用率が高いYouTubeを選択しましょう。このように、商品やブランドのターゲットに合った広告配信先を選ぶことが、訴求力を高めるうえで大切です。

商品やブランドに合ったキャスティングを行う

アパレル業界の動画広告では、大半のケースでモデルを起用するでしょう。このとき、商品やブランドに合ったキャスティングを行うことも重要となります。

商品やブランドのイメージとかけ離れたモデルをキャスティングすると、本来のターゲット層からの支持を得られない場合があります。単に知名度だけでなく、商品やブランドとの親和性も考慮してモデルを選ぶことが大切です。

視聴者が着用をイメージしやすいよう表現する

着用のイメージが湧かない動画広告では、十分な効果は得られません。視聴者が着用をイメージしやすいような表現を取り入れましょう。そうすれば、視聴者が自分に置き換えやすくなり、購買意欲の向上につながります。

例えば、生地にフォーカスした映像を取り入れることで、質感や着心地がイメージしやすくなるでしょう。また、日常のさまざまなシーンにおける着こなしを紹介すれば、視聴者に普段使いのイメージが伝わりやすくなります。

不安があれば動画制作のプロに相談する

品質の低い動画広告では、かえってブランドイメージの低下につながるケースもあります。そのため、高品質な動画広告を制作・公開することが求められるでしょう。高品質な動画広告を制作するには、構成や撮影、編集といった多くの専門知識が必要です。動画制作の熟練者が自社にいなければ、内製化は難しいでしょう。

動画広告の制作に不安があれば、プロの動画制作会社への相談をおすすめします。豊富な経験を持つプロであれば、動画内の商品をクリックした際に商品情報を表示する、といった高度な「インタラクティブ動画」も制作可能です。動画広告を成功につなげたい場合は、積極的にプロへ相談することをおすすめします。

以下の記事では、インタラクティブ動画に関して詳しく紹介しています。気になる人はぜひご一読ください。

インタラクティブ動画とは? 作り方のポイントや活用方法も紹介!

アパレル業界の動画活用事例3選

コラム_アパレル動画

ここまでで、アパレル業界における動画活用のイメージが湧かない人も多いでしょう。以下では、弊社プルークスで制作した動画のなかから、アパレル業界の活用事例を3つピックアップして紹介します。

伊田繊維株式会社様(PROOX制作動画)

伊田繊維株式会社様は、日本の伝統を受け継いだ和装ブランドを提供している企業です。弊社では、海外のお客様をターゲットとした「作務衣」の紹介動画を制作しました。

動画では、実写映像とともに作務衣の歴史や魅力を表現した3分程度の動画です。実際の制作工程を盛り込むことで、職人が和装に込めた想いが伝わりやすい作品となっています。また、映像に合ったBGMを取り入れているのもポイントです。

株式会社ロコンド様(PROOX制作動画)

人気ファッションECサイトを展開するロコンド様(現ジェイドグループ株式会社様)は、2019年に「ロココレ」としてリニューアルしました。弊社では、リニューアルしたロココレの認知度向上を図るための紹介動画を制作しました。

動画では、同社のCMでおなじみの有名人を起用しており、15秒程度にまとめています。出演者の着用している洋服を切り替えることで、「リニューアル」を印象付けました。YouTube広告だけでなくテレビCMでも配信されており、認知度向上に貢献する作品となっています。

東京ファッション専門学校(PROOX制作動画)

東京ファッション専門学校様は、未来のファッションに携わる人材を育成する専門学校です。弊社では、学生へのイメージアップを図るための紹介動画を制作しました。

動画では、授業風景やファッションショーの実写映像を中心に、要所にテロップを加えて45秒程度にまとめています。ファッションと向き合う生徒の姿をふんだんに盛り込むことで、専門学校の魅力が伝わりやすい作品にしています。なお、こちらの作品は広告配信先の都合上、BGMは入っておりません。

アパレル動画広告を効果的に活用しましょう

コラム_アパレル動画

アパレル業界において、動画広告を活用することはさまざまなメリットをもたらします。ブランディングや新商品・コーディネートの紹介、セールの告知など、さまざまなシーンで活用できるため、効率化を図るためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

高品質な広告動画を制作するには、動画制作の専門知識を持つ人材が欠かせません。動画制作に適した人材を確保することが難しい場合は、動画制作のプロに依頼するようにしましょう。

弊社プルークスでは、これまでに2,000社、6,000本以上の制作実績があります。動画の企画から制作後の運用までワンストップでサポート可能であるため、ご不明な点があればお気軽にご相談ください。

アパレル業界の動画活用に関してよくあるQ&A

ここからは、アパレル業界の動画活用に関してよくある質問についてQ&A形式で紹介します。

Q. アパレル業界では、どのようなシーンで動画広告を活用できますか?

A. アパレル業界における動画広告の活用シーンは、主に以下の4つです。

  • ブランディング
  • 新商品・コーディネートの紹介
  • セールの告知
  • 人材採用

Q. アパレル業界が動画を活用するメリットは何ですか?

A. アパレル業界が動画を活用するメリットは、主に以下の4つです。

  • 新規顧客にアプローチしやすい
  • 商品の魅力をしっかり伝えられる
  • 動画広告からECサイトに誘導できる
  • SNSでの拡散が狙える

Q. アパレル業界の動画活用を成功させるポイントは何ですか?

A. アパレル業界の動画活用を成功させるポイントは、主に以下の4つです。

  • 商品やブランドに合った広告配信先を選ぶ
  • 商品やブランドに合ったキャスティングを行う
  • 視聴者が着用をイメージしやすいよう表現する
  • 不安があれば動画制作のプロに相談する
資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)
氏名(必須)

部署名(必須)
役職(必須)
電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882