COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

【最新】動画マーケティングとは?コツ・事例・成功要因を徹底解説

公開:
|
更新:

テレビやインターネットなどのメディアにおいて、動画が紹介されるケースが増えています。マーケターの中には、「自社でも動画をマーケティングに活かせないかな?」と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、やみくもに動画を制作・公開しても効果がないのは、従来のマーケティングと同じです。

本記事では「これから動画マーケティングを行いたい」と考えている人に向けて、動画をマーケティングに活用する方法や、成功事例について解説します。

動画マーケティングの無料相談はこちらicon_arrow

マーケティングにおける動画の役割と重要性

動画を活用したマーケティングは、自社を認知してもらうことだけが目的ではなく、提供している商品・サービスの購買の後押しやLTV(Life Time Value)向上に繋がるため、導入する企業が増えています。このことから、動画マーケティングの重要性は日々高まっているといえるでしょう。ここではマーケティングにおける動画の役割を紹介します。

動画マーケティングとは?

「動画マーケティング」とは、動画を使った情報発信を行うマーケティング手法です。自社サイトやYouTubeなどの動画配信プラットフォームで動画を公開したり、展示会や採用説明会などの場で説明用資料としても動画を活用できます。

また、他のマーケティング施策と同様に、目標設定や効果検証をしっかり行い、改善を重ねながらより良い効果を目指します。

動画マーケティングの役割

動画マーケティングには、以下のような役割があります。

  • 企業や商材の魅力をわかりやすく伝える
  • 共感やシェアを獲得する
  • リーチ対象を拡大する
  • 顧客獲得単価を改善する
  • 既存顧客のフォローや教育を行う

動画は視覚や聴覚に訴えることができるため、文字や言葉だけの場合と比べてより多くの情報を伝えることが可能です。また、情報の受け手の負担が少なく、短時間で多くの情報を得られます。

そのため多くの情報を提供したい場合や、企業のイメージ、ストーリーを伝えたい場合に有効です。

マーケティングにおける動画の重要性

NHK放送文化研究所の調査によるとコロナ禍の影響もあり、インターネットで動画を見ることが増えた人が全体の3割近くまで上がっています。若い世代を中心に多くの人が日常的に動画を視聴しており、受動的に動画に触れる機会も増えていることが要因といえるでしょう。
出典元:NHK放送文化研究所の調査

動画は多くの情報を伝えられるため、短時間で質の高い情報を提供できるのが特徴です。商品の利用シーンや現場の雰囲気、ブランドイメージなど、文字だけでは伝達に時間がかかる情報も、動画なら短時間でスムーズに伝えられます。

多くの人に対して企業や商品・サービスの認知拡大を進めるうえで、短時間で質の高い情報を提供できる動画は、今日のマーケティングには不可欠といえるでしょう。

動画マーケティングのメリット・デメリット

コラム_動画マーケティング

動画マーケティングには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。事前に動画マーケティングのメリットとデメリットを正しく把握して、動画を効果的に活用することが大切です。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングのメリットは、以下の通りです。

情報量が多い

米国のForrester Research社のJames L. McQuivey博士によると、1分間の動画から得られる情報量は文字に換算すると180万語にも及ぶそうです。5,000文字のWebページに換算すると360ページ分の情報が、1分で伝えられることになります。
出典元:Bold Content Video

ストーリーを伝えやすい

文字や言葉ではなかなか伝わらないストーリーも、動画ならスムーズに伝えられます。背景や音楽、効果音、字幕などはもちろん、アニメーションによる表現なども可能です。

記憶に残り、シェアされやすい

動画には「記憶に残りやすく、シェアされやすい」という性質があるため、企業や商品・サービスを多くの人に認知してもらえます。

効果検証がしやすい

動画は、容易に効果検証ができることもメリットです。動画のクリック数や再生回数、視聴時間など、多くの要素から効果を検証できます。動画掲載ページのページビューやコンバージョン率などと併せて検証することで、動画の人気だけでなくマーケティング効果も把握できるでしょう。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングには以下のようなデメリットがあるため、新たに着手する際は注意が必要です。デメリットが目立たないような運用を目指しましょう。

ノウハウが必要

動画マーケティングは企画や撮影・編集だけでなく、Web広告の知識や他媒体との連携方法など、多くのノウハウが必要です。ノウハウは時間とともに蓄積されますが、開始当初は専門業者にサポートしてもらうとよいでしょう。

動画の制作予算が必要

動画制作では、撮影機材費や制作に携わるスタッフの人件費、外注する場合は外注費が必要です。内製でも外注でも費用対効果を正しく把握し、検討しなければなりません。

炎上する場合もある

動画は記憶に残りやすくシェアされやすいため、悪い評判が広がると炎上することもあります。あらかじめ炎上した場合のガイドラインを作成しておくなどの対応を考えておくことが大切です。

作り直し、編集が難しい

動画はWebページと比べて、作り直しや編集が難しいといえます。ダイジェスト版を制作するといったレベルなら容易ですが、動画の内容を大きく変更する場合は再度撮影が必要になることもあります。ターゲットや媒体、用途に応じて事前に複数の動画を企画するなど、作り直しが極力発生しないように工夫しましょう。

動画マーケティングの主な活用方法と成功事例

企業では、実際に動画マーケティングがどのような方法で行われているのでしょうか。事例を見てみましょう。

企業や商材のブランディング、認知度向上

多くの情報を伝えることができる動画は、企業・商品・サービスのブランディングや認知度向上に効果があります。

企業の沿革や商品・サービスのストーリーは、文字や言葉だけでは伝達に時間がかかりますが、動画であれば短時間で正確に必要な情報を伝えられるでしょう。Webはもちろん、営業シーンや展示会、CMなど幅広く使えるのもメリットです。

また、言葉で表すのが難しい情報も伝えやすいため、認知拡大に大きく寄与するでしょう。

以下の2つの動画では、機能面を文字で表現し、実際に使用している動画と組み合わせることで、ユーザーが知りたい情報を短時間で理解できる動画に仕上げています。

 

商品の購買促進

利用者の声や利用シーン、おすすめ機能などを動画で紹介すると、具体的で信頼性のある商品紹介になり、視聴者の購買意欲を高められるでしょう。

動画なら拡大・縮小やアニメーションによる表現ができるので、なかなか見ることができない部分も表現できます。実写だと「堅苦しい」「難しい」といったイメージがある商品も、アニメーションならわかりやすく表現できるため、従来とは異なるユーザー層に認知してもらうことも可能です。

以下の動画では、製品を紹介しています。言葉だけで説明すると難しい単語があるため、敬遠される内容ですが、アニメーションやイラストを用いることで、構造や仕組みを理解でき、製品に対する信頼感が増すような工夫を施しました。

商品のサポート、ユーザー向けコンテンツ

動画は文字や画像だけのWebページと比べて、情報を得る際の視聴者の負担が小さいといえます。そのため、既存ユーザーへのサポートやフォローといった用途にも使えます。

「部品の交換方法」「よくあるトラブルの解決方法」「便利な使い方」など、ユーザー向けのコンテンツを動画で提供することで、ユーザーの満足度向上やサポート部署の負担軽減に寄与できるでしょう。

また、利用者向けのキャンペーン情報や情報提供を継続的に行うことで、ロイヤルティを高めることも可能です。

以下の動画では、製品に関する用途や効果について実演をふまえて紹介しています。消費者に効果をより実感いただくために、正しい使い方や成分を理解してもらえるような編集を行いました。

動画マーケティング成功のポイント

コラム_動画マーケティング

ただ動画を制作して公開するだけでは、期待するマーケティング効果は得られません。動画マーケティングを成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておくべきでしょう。

基本の「HHH」を意識する

動画マーケティングの基本戦略は「HHH(スリーエイチ)」です。HHH戦略は2014年頃からGoogleが提唱している概念で、以下の動画スタイルの頭文字をつなげたものです。

  • Hero(ヒーロー):普遍的な欲求・ニーズを刺激し、多くの共感を得る動画
  • Hub(ハブ):ターゲットに身近な関心事とブランドを結びつける動画
  • Help(ヘルプ):具体的なニーズや問題の解決策を提供する動画

「HHH」を意識して動画を制作することで、認知度向上やユーザー増、LTV向上といったマーケティングのさまざまな成果の向上が期待できます。

KPIを適切に設定する

動画マーケティングでは、動画の目的によって適切なKPI(成果指標)を設定することが大切です。

よく利用されているKPIは以下のような項目です。

  • 再生回数:動画の再生回数
  • インプレッション数:動画が表示される回数
  • ユニークユーザー数:動画の視聴者のユニーク数(実数)
  • 総再生時間:動画の再生時間の合計
  • 平均再生時間:ユーザー1人あたりの動画の再生時間
  • 再生完了率:動画が最後まで視聴された割合
  • クリック率:動画内に表示された広告がクリックされた割合
  • コンバージョン率:動画のページにおいて目的の行動が行われた割合

目的が認知度向上の場合は、インプレッション数やユニークユーザー数、再生回数、総再生時間などが指標となります。

商品購入や問い合わせを増やしたい場合は、クリック率やコンバージョン率などの指標が重要です。マーケティングにおける目的を達成するために、適切なKPIを選んだ上でPDCAを重ねて数値を改善していくことが大切だといえるでしょう。

動画制作を外注する際のポイント

動画を内製するか外注するかは、動画マーケティングを行う際の重要な課題です。予算の問題もありますが、基本的には内製が難しい場合や成果を高めたい場合にはプロの制作会社に依頼することを検討しましょう。

マーケティングでは効果検証が欠かせませんが、プロはすでに多くの検証を経験しているので、開始当初から精度の高いマーケティングを行うことができます。

動画制作会社は数多くありますが、実績のある制作会社を選ぶことが大切です。会社の規模や商品・サービスのカテゴリーなどが自社と似通っている案件の実績をよく確認しましょう。制作された動画を実際に見ることも大切です。

先述したように、動画は一度制作すると容易に作り直すことができません。そのため、十分な予算を確保してクオリティの高い動画を制作するほうが、結果的に費用対効果が高くなります。

マーケティングに動画を活用して認知度向上や売上向上につなげよう

コラム_動画マーケティング

近年は、多くの人が動画を視聴するようになったため、動画を使ったマーケティングを積極的に行う企業が増えています。動画は視聴しやすく、情報の質も高いといったメリットがあるため、ブランディングや商品・サービスの販売促進など幅広い用途に活用できるでしょう。

動画マーケティングで成功するためには、動画の特徴をよく理解し、重要なポイントを押さえてマーケティング施策を行うことが大切です。動画制作会社と連携して動画をマーケティングに活用し、認知度向上や売上向上につなげましょう。

おすすめの記事

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためにできること

VSEOを駆使して競合他社に差をつけよう!始め方や方法を紹介します!

ライブ配信とはどんなもの?企業でのやり方・活用方法を徹底解説

 

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)

(必須)

(必須)

部署(必須)

メールアドレス(必須)


※ビジネスメールでご入力ください

電話番号(必須)


※ハイフンなしでご入力ください

プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。

株式会社プルークス(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、
個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを
徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社はお客さまからご提供いただいた個人情報を、紛失、破壊、社外への不正な流出、改ざん、不正なアクセスから保護 するために、合理的な範囲内で安全対策に努めます。

個人情報の利用目的
当社は、取得した個人情報を以下の目的のために利用させていただきます。

(1)採用及びクリエイターの登録に関する手続並びに選考のため
(2)サービスの提供に伴う各種連絡及び商品・サービスのご案内のため
※ダイレクトメール・電子メール・電話等
(3)当社サービスの改善や新サービスの開発等に役立てるため
(4)当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

個人情報の第三者への提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、個人情報を第三者に提供いたしません。但し、以下のいずれかに該当する場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を講じたうえで対応いたします。

・お客さまの同意がある場合
・利用目的を達成するために必要な範囲内で、コンテンツ提供者、および業務委託先に提供する場合
・法令に基づき提供することが必要である場合

個人情報の確認・訂正・削除
当社がお聞きした個人情報は、お客さまがその内容や利用目的の確認を要望される場合には、お客さまご自身のご要望であ ることが確認でき次第、速やかに対応いたします。 (但し、法令上これをお断りすることができる場合を除きます。) ご確認の結果、個人情報の内容に誤り又は変更点などがあった場合には、 お客さまのご指摘に従い、速やかに訂正・追加、 または削除いたします。

Facebookページ利用規約
こちらをご参照下さい。

変更及び通知について
当ウェブサイトは、プライバシーポリシーを事前の予告無く変更することがあります。 また、本プライバシーポリシーは、当ウェブサイトからリンクされている他のウェブサイトにおけるセキュリティ情報の取り扱い内容に関しての責任は負いません。

お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
株式会社プルークス
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル
TEL:03-6260-6882 Mail:info@proox.co.jp
(月~金 ただし祝祭日・年末年始を除きます 9:00~18:00

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者より24時間以内にご連絡を差し上げます。※土日祝日を除く

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOXGoogleYahoo! JAPAN
広告正規代理店です

お問い合わせ

03-6260-6882