COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

【すぐに分かる!ウェビナーレポート】作って終わりから抜け出そう!動画広告制作×広告配信の成功法〜YouTube動画広告編〜Part1

公開:
|
更新:

今回は2021年4月21日(水)に開催された「動画広告制作×広告配信の成功法〜YouTube動画広告編〜」のレポートをお届けします!

スマートフォンの普及により、数年前から急激に利用が広がっている動画広告。加えて、昨今のコロナ禍で動画の視聴数は伸び続けているなか、動画広告制作・広告配信をお考えの企業担当者様も多いのではないでしょうか。

今回、これまで3000本以上の動画を制作してきた当社が「動画広告を制作・配信する上でのポイント」、そして 急激に視聴者数が伸び続けており、リーチ数・リーチスピードの観点でテレビCMよりも広告効果が高いとも評されている「YouTube動画広告」をテーマトピックに、当社プランナーの島田と木村がお話しさせていただきました! 今後、動画広告をご検討されている方は必見の内容です!

第一部:動画広告制作におけるポイントと事例

動画の作り方

広告動画を作る上で重要なポイントは以下の3つの通りです。

  1. 目的を言語化すること
  2. 効果指標を設定すること
  3. 目的を踏まえた配信媒体の設計を行うこと
①目的の言語化

「目的の言語化」とは、その名の通り、動画を作り使用する目的を言語化することです。 ふわっと「動画をとりあえず作ってみたい」「動画があればなんとかなる」という考え方は間違いで、 まずは、誰に・何を・どこで・いつまでに・どのように(見た人がどんな状態になってもらいたいか)=5W1Hに沿って考えることが重要です。

②指標の設定

この目標の指標もマーケティングファネルに当てはめると様々あるため、目的や広告の対象のターゲットに合わせて検討することが重要です。

③配信媒体の設計

「配信媒体の設計」は、商品・サービスのターゲットや映像の制作目的に合わせた適切な媒体を決めることです。こちらも作って終わりではなく適切な媒体で動画を配信することで効果を最大化することができます。

④動画の企画

「動画の企画」に関しては、先述した「目的」「指標」「媒体」を踏まえた効果の出る動画の企画を行うことです。
今回のウェビナーでは、この動画の企画はどのように行うのかをご説明させていただきました。

動画の企画-目的別における最適な動画技法-

そもそも動画にはあらゆる手法(表現手法)があります。
皆さんが、イメージしているような実写、アニメーションなどが主には挙げられますが、それだけではありません。

<覚えておくべき4つの表現技法>
①撮影が伴う「実写」
②キャラクターやイラストを動かして表現する「アニメーション」
③静止画や図形、テキストを素材として動かしながら表現する「モーショングラフィックス」
④CADデータを動かす「3DCG」

それぞれメリットやデメリットが存在し、映像制作の目的や媒体に合わせて検討する必要性があります。

比較的、アニメーションやモーショングラフィックスは費用感を抑えることができ、初めて広告動画制作をされる方はオススメです。

動画の企画-構成・演出の考え方-

動画の企画を行う際に必要な要素は、目を留めて視聴継続を促す「構成」と視聴者心理やメディアを踏まえた「演出」です。

<構成のフレームワーク>

構成に必要なフレームワークは下記の通りです。

①Attention(注目):共感できる悩みや課題をインサイト(直感)に触れる
②Interst(興味醸成):サービスの特徴を端的に訴求。興味を惹く仕掛け
③Benefit(メリット訴求):具体的なメリットを訴求。商品のベネフィットをアピール
④ Action(態度変容):視聴者に勧めたい具体的な提案

具体的な例として、サイエンスアーツ様の「Buddycom」WEBCM動画をご紹介します!

<Buddycom動画のフレームワーク>

上記のように多くのWEBCMの動画がこのようなフレームワークに則り、制作をされています。(皆さまのよく見かけるあの動画ももしかすると….?)

<演出に必要な視聴者心理とメディア特性>

演出には、視聴者心理を踏まえることが必要です。
現在、コロナ禍の影響でよりスマートフォンで動画を視聴することが増え、毎日2時間以上スマートフォンを使っているという調査も出ています。(参照:MMD研究所調査)それゆえ、視聴者が見やすくかつ飽きられない工夫をすることが必要です。

<視聴者心理とメディアの特性を踏まえた演出>

また、上述の通り、メディアの特性によって適した動画のサイズがあります。
イメージしやすいケースで挙げると、Instagramのストーリーズ広告は、縦型が主流となっています。

参考事例

CASE①:株式会社シービック様

顧客満足度の高い商品の効能をきちんと伝えて他製品からのリプレイスを促したい。
株式会社シービック様は、制汗デオドラントブランド「デオナチュレ」を取り扱っているBtoC企業様です。

目標設定 「ニオイ悩みを持つ30代男性」に
「直ヌリスティックタイプの効能」を伝えて、
「店頭で試しに買ってみようかな」と思ってもらうこと
指標設定 視聴率
配信媒体 YouTube、楽天、TVerなど
表現技法

実写

動画のポイント

CASE①:株式会社インフォマート様

サービスの理解促進が第一目的だが、動画広告もゆくゆくは検討していきたい。
株式会社インフォマート様は、企業間(BtoB)商取引を電子化・標準化する仕組の「BtoBプラットフォーム」を次々に開発・提供しているBtoB企業様です。

目標設定 「興味のある担当者」に、「HP/LP上」で、
「サービスの利便性・メリット」を伝えて、
「CV獲得」を増加させること。
指標設定 HP潜在率、完全視聴率
配信媒体 HPや商談など
表現技法

アニメ

動画のポイント

長尺のサービス紹介動画をカットし、短尺版を広告配信に活用することも可能です。
安価に制作が可能なため、クリエイティブテストとして実験的に行うことができます。

<長尺版>

<短尺版>

まとめ

・広告用の動画制作を行う際は、「目的の言語化」「指標の設定」「配信媒体の設計」が重要。
・広告動画を企画する際は、「構成と演出」が重要。
・長尺のサービス紹介動画と同時に短尺版を制作することで、安価に実験的に広告配信を行うクリエイティブができる。

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)

部署名(必須)

(必須)

(必須)

電話番号(必須)


※ハイフンなしでご入力ください

メールアドレス(必須)


※ビジネスメールでご入力ください

プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。

株式会社プルークス(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、
個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを
徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社はお客さまからご提供いただいた個人情報を、紛失、破壊、社外への不正な流出、改ざん、不正なアクセスから保護 するために、合理的な範囲内で安全対策に努めます。

個人情報の利用目的
当社は、取得した個人情報を以下の目的のために利用させていただきます。

(1)採用及びクリエイターの登録に関する手続並びに選考のため
(2)サービスの提供に伴う各種連絡及び商品・サービスのご案内のため
※ダイレクトメール・電子メール・電話等
(3)当社サービスの改善や新サービスの開発等に役立てるため
(4)当社サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため

個人情報の第三者への提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、個人情報を第三者に提供いたしません。但し、以下のいずれかに該当する場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を講じたうえで対応いたします。

・お客さまの同意がある場合
・利用目的を達成するために必要な範囲内で、コンテンツ提供者、および業務委託先に提供する場合
・法令に基づき提供することが必要である場合

個人情報の確認・訂正・削除
当社がお聞きした個人情報は、お客さまがその内容や利用目的の確認を要望される場合には、お客さまご自身のご要望であ ることが確認でき次第、速やかに対応いたします。 (但し、法令上これをお断りすることができる場合を除きます。) ご確認の結果、個人情報の内容に誤り又は変更点などがあった場合には、 お客さまのご指摘に従い、速やかに訂正・追加、 または削除いたします。

Facebookページ利用規約
こちらをご参照下さい。

変更及び通知について
当ウェブサイトは、プライバシーポリシーを事前の予告無く変更することがあります。 また、本プライバシーポリシーは、当ウェブサイトからリンクされている他のウェブサイトにおけるセキュリティ情報の取り扱い内容に関しての責任は負いません。

お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
株式会社プルークス
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル
TEL:03-6260-6882 Mail:info@proox.co.jp
(月~金 ただし祝祭日・年末年始を除きます 9:00~18:00

この記事の後に
よく読まれている記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOXGoogleYahoo! JAPAN
広告正規代理店です
float_btn1

お問い合わせ

03-6260-6882