COLUMN
kv_icon

コラム

kv_scroll

インタビュー動画の作り方まとめ!企画・構図・撮影・編集のコツも解説します!

更新:

顧客をはじめとする関係者に対してメッセージを届ける手法として、インタビュー動画を用いることは効果的だといえます。しかし、内容が同じインタビューだとしても、動画の作り方によって伝わる印象は大きく変わってしまいます。動画制作のプロはどのような視点で制作を行っているのでしょうか。

本記事では、自社でインタビュー動画を作る際に知っておきたい、インタビュー動画の企画・制作方法や構図の取り方などについて紹介します。

インタビュー動画制作の無料相談・お見積りはこちらicon_arrow

インタビュー形式の動画は何に活用できる?

インタビュー形式の動画は、次のように目的がさまざまです。目的に応じた構成や編集を行うことで、インタビュー動画の効果を十分に発揮できるでしょう。

働く側のパッションを伝える「会社紹介」

動画による会社紹介は、オフィスでの社員の様子、会社に関するデータなどを動画内で紹介でき、多くの情報をわかりやすく伝えられます。

インタビューを通して経営者や社員の生の声を伝えることで、視聴者は会社のビジョンや熱意、活気を理解しやすくなるでしょう。

AI活用による顧客の問題解決を行う株式会社アラヤ様のインタビュー動画では、先進分野であるAI技術にかける経営者のビジョンや現場の技術者の様子がうかがえます。また、視聴者のAI事業に対する不安を払拭するため、理解しやすいシンプルなデザインに仕上げました。

リアルな感想を伝える「お客様の声」

「お客様の声」はインタビュー動画の代表的なコンテンツです。ユーザーが使用感を語ることによって購買意欲を高める効果が期待できます。

実際に使っているシーンを映像や写真で挿入することで、使用シーンがイメージしやすくなり、信ぴょう性も高まるでしょう。

ビジネスツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社様の動画では、現場の様子をまじえながら、導入効果や選定理由、今後の活用ビジョンなどを紹介しています。実際の利用シーンを適宜入れることで、導入後のイメージが湧きやすいような工夫を施しました。

社内の雰囲気を伝える「採用活動」

採用活動において、インタビュー動画を用いることは効果的だといえます。新卒者・求職者にとって重要である社内の雰囲気や社風は文章だけでは伝わりにくい部分ですが、インタビューで経営者や先輩社員の生の声を聞けると入社後のイメージがつきやすく、志望度の向上にも寄与するでしょう。

https://youtu.be/ax5W2-6TgO0

株式会社セイノー情報サービス様のインタビュー動画は、オンラインの採用活動を目的に制作しました。先輩社員が業務内容や社員について語ることで、親しみと入社後イメージがわく構成になっています。

ベルフェイス株式会社様のインタビュー動画では、先輩社員が会社に対する思いを自然体で語り合うコンテンツをアップすることで、風通しのよい社風や社員の仕事に対する熱意が自然に伝わる内容にしています。

インタビュー動画制作のメリット

企業の動画制作の目的は「情報を伝える」ことにあります。その手段として有効であるインタビュー動画のメリットについて確認しましょう。

インタビュー動画は信ぴょう性が高い

文字ベースでは、熱意などの感情は伝わりにくいでしょう。しかし、インタビュー動画では、使用者がインタビューで語る際の声や表情がリアルに実感できるため、文字では伝わらない多くの情報が伝わります。熱意や実感のある声を拾って伝えることで、信ぴょう性のあるレビューを視聴者に届けられます。

そのため、インタビュー動画は商品購入者の生の声を伝えるコンテンツとして効果的だといえるでしょう。

動画に臨場感が出る

インタビュー動画は、話者の声や表情、ジェスチャーを確認できる他、服装や背景などからも多くの情報が伝えられるのがメリットです。カメラで周囲を360度見まわしたり、異なる角度からの映像を挿入したりすることで、その場にいるような臨場感を演出できます。会社説明会や展示会などイベント系のコンテンツで特に効果的です。

情報を視覚的・聴覚的に伝えられる

視覚的・聴覚的に情報を伝えることができるのがインタビュー動画のメリットです。

インタビュー動画に文字(テロップ)や効果音を入れることで、伝えたいメッセージを正確に伝えたり、強調したりできます。また、動画や写真、資料などをインタビュー内に入れることで、情報を補足するだけでなく、視聴者を引き付ける動画になるでしょう。

そのため、インタビューの情報量が多い場合や、理解に知識が必要な内容な場合でもわかりやすい情報提供が可能です。

インタビュー動画の作り方:企画編

インタビュー動画は撮影や編集をスムーズにするためにも企画が大切です。インタビュー動画の企画のポイントについて解説します。

作り方①:動画の目的・ターゲットを明確に

インタビュー動画の企画では、動画制作の目的を定めるだけでなく、ターゲットも明確にして企画内容を練りこみます。ターゲットは自社の製品・サービスの特徴だけでなく、実際の動画視聴者のデータや顧客層などから検討しましょう。

作り方②:企画を作成

ターゲットが決定したら、ターゲット層へ伝えたいメッセージや響く内容、インタビュー相手を選定します。

インタビュー動画の場合、「誰に」「何を」インタビューするかを事前に決めておき、回答を準備してもらう必要があります。撮影の意図や、当日の服装なども含めて事前に指示ができるようにイメージをしっかり固めておきましょう。

作り方③:構成の決定

動画の撮影に向けて、撮影場所や構図、服装、動画のストーリーなどを決定していきます。動画のイメージにあった場所を考えることはもちろん、字幕を挿入する場合、字幕のためのスペースも考慮した構図を考える必要があります。

動画に挿入予定の素材は、早めに撮影スケジュールを立てておきましょう。

コラム:インタビュー動画撮影時の構図の基本

インタビュー動画の撮影では構図を意識することで、質の向上が見込めます。YouTuberのようにカメラを直視するような構図ではなく、横や斜めに視線が向くようにすることで話者の印象を柔らかくできるでしょう。以下にて撮影時のポイントを紹介します。

配置

インタビューでよく使われるのが、話者、インタビュアー、カメラで三角形を作るようにする配置です。話者の視線が自然にカメラから外れるだけでなく、インタビュアーに向けて固定されるので自然な様子でメッセージを伝えられます。

構図

インタビュー動画では、人物を三分割法と呼ばれる手法で撮影することが多いです。三分割法は絵画や写真でよく使われる手法で、画面を縦横に三等分する線の交わる場所に被写体を配置することで安定感のある構図になります。

また、撮影時の被写体の大きさも工夫しましょう。主な撮り方と特徴は次の通りです。

  • アップショット:顔を中心に肩付近から映す撮り方。メッセージを強調したいときに有効。
  • ミディアムショット:顔と体の一部を映す撮り方。バストアップはインタビュー動画の基本で、ウェストショット、ニーショットと体の比率が大きくなるにつれて印象が柔らかくなる。
  • ロングショット:全身が入るように映す撮り方。周辺情報が多く入る。

アングル

複数台のカメラがある場合は、アングルを変えて撮影することで画面に変化をつけることができます。

  • アイアングル/水平:目線の高さで撮影する。自然な印象を与える。
  • ハイアングル/俯瞰:話者を高めの位置から撮影する。人物を小さく、思慮深く見せる。
  • ローアングル/あおり:話者を低めの位置から撮影する。大きさが強調され、迫力が出る。

インタビュー動画の作り方:制作編

インタビュー動画の撮影や編集もコツがあります。特にポイントになる点について確認しましょう。

作り方①:動画撮影

撮影当日は、以下の内容に注意しながら撮影を進行します。インタビュー動画の撮影では、次の機材が必要です。

  • カメラ(1台~)
  • 三脚
  • ライト、レフ板などの照明器具
  • マイク(ピンマイク、ガンマイクなど)

撮影場所や状況によっては雑音や明るさを調整する必要が生じるため、必要になる機材は揃えておいたほうが無難といえます。マイクは衣類の擦れる音や呼吸音を拾ってしまうこともあるため、本番前に必ずチェックしましょう。ライティングは、カメラと反対側から照らすときれいに映ります。

ビデオカメラは手ブレを防ぐため、三脚を使って固定して撮影します。カメラの台数や撮りたいアングルを考え、必要に応じて区切って撮影を行いましょう。配置を変更する場合、話者の目線から外すことが大切です。

また、撮影にあたっては、話者やインタビューを受ける人が緊張している場合もあります。撮影前に雑談などコミュニケーションの時間を取り、緊張をほぐしてから撮影に入ると円滑に撮影できるでしょう。

インタビューへの回答が「はい、そうですね」など短く終わってしまうと映像として使いにくいものです。緊張をほぐすことはもちろん、事前に回答原稿を確認させてもらい、必要に応じて伝えたい内容を含めてもらうようお願いしておきましょう。

作り方②:編集作業

撮影後は企画時に作成したストーリーに沿って、編集を行います。

インタビュー中は、緊張から「あー」「えー」といった不要な部分が入ることがあります。それらを取り除くことで無駄のない動画になるでしょう。つなぎが不自然になる場合は、以下のような編集が必要です。

  • 別角度のカットからはじめる
  • 質問を記した画像からはじめる など

資料やデータを入れる場合は、インタビューの内容に合わせて、短時間でも読めるようにしてあげることが大切です。重要な部分に下線を引いたり枠線で囲んだりすることで可読性が高まります。

また、別角度から撮影した映像があれば、テロップなどを使わずとも動画の構成だけでメッセージを強調できます。重要なメッセージのシーンでは積極的に活用しましょう。

BGMや効果音、テロップなどを入れることで動画のアクセントになりますが、雰囲気に合ったものを使うことが大切です。また、過剰になると伝えたいメッセージがぼやけるため注意しましょう。

インタビュー動画制作の無料相談・お見積りはこちらicon_arrow

インタビュー動画の活用事例

ここからは、弊社で制作に携わった案件より、インタビュー動画の活用事例を紹介します。

株式会社ヤクルト様(PROOX制作動画)

乳酸菌飲料で有名な「ヤクルト」の製造や販売を手掛ける株式会社ヤクルト様の動画です。各地に点在する拠点「ヤクルトセンター」や保育施設、活躍する社員の業務の様子などをインタビュー動画で紹介しています。

動画ではヤクルトセンターの見学会へ参加した人の目線で、各施設や和気あいあいと働く様子を伝えています。インタビューで社員の生の声を通して安心感を与え、見学会への参加や採用を促すのが狙いです。

雪印メグミルク株式会社様(PROOX制作動画)

乳製品メーカーとして有名な雪印メグミルク株式会社様の動画です。経営環境の変化に対応してCSR経営を強化するため、事業沿革や企業としてのビジョン、企業憲章の内容について発信しています。

固くなりがちな沿革や企業憲章の内容はアニメーションを多用し、親しみやすさ・わかりやすさを出すとともに中盤のインタビュー部分を強調する構成になっています。代表のインタビューによってより強力にビジョンを共有・浸透できる動画です。

生和コーポレーション株式会社様(PROOX制作動画)

アパートやマンションの建設から管理までを担う総合建設会社、生和コーポレーション様の動画です。ブランディングや採用を意識した、先輩社員へのQ&A形式のインタビュー動画により、社風や若手社員が奮闘する様子を伝えています。

https://youtu.be/bAaGOaz85cM

OPやEDの映像で先進的な企業イメージを喚起し、一問一答で話者が次々に回答していくテンポのよい構成になっているのが特徴です。インタビューに合わせて物件映像を流すことで、仕事のやりがいや質の高さを強調するなど随所にメッセージ性を高める工夫を施しています。

インタビュー動画の作り方を理解したうえで制作しよう

インタビュー動画は、多くの情報を伝えたり信頼性を高めたりするために効果的な手法です。インタビュー動画の効果をより引きだすためには、ノウハウをよく理解して制作することが大切です。

本記事を参考に、インタビュー動画を企業や製品・サービスのブランディングにぜひ役立ててください。

ノウハウを理解しないまま内製すると目的に沿わない、成果が感じられない動画になってしまいます。そのため、インタビュー動画の内製が難しい場合は、無理に内製しようとせず、動画制作のプロに相談してみましょう。

おすすめの記事

販促動画の効果を最大限引き出す4つの方法と出稿先によって期待できる効果を紹介します!

インタビュー動画のよくある質問

Q. インタビューの撮影方法は?

インタビュー動画の撮影では、①カメラ(1台~) ②三脚 ③ライト、レフ板などの照明器具 ④マイク(ピンマイク、ガンマイクなど)の機材を用いて撮影します。

Q.かっこいいインタビュー動画の例は?

撮影、編集のテクニックも試されるかっこいいインタビュー動画例はこちら

資料ダウンロード

この記事に関する資料をダウンロードすることができます

サービス紹介資料

株式会社プルークスの動画制作・動画マーケティングについて説明した資料です。Webサイトに掲載されていない詳細な制作の流れや動画の活用事例などについて、詳しく解説しております。

会社名(必須)
氏名(必須)

電話番号(必須)

※ハイフンなしでご入力ください
メールアドレス(必須)

※ビジネスメールでご入力ください
プライバシーポリシーにご同意の上
送信してください。
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらをご覧ください

この記事の後に
よく読まれている記事

インタビュー動画に関する人気記事

動画マーケティングに関する人気記事

動画制作に関する人気記事

インタビュー動画に関する新着記事

動画マーケティングに関する新着記事

動画制作に関する新着記事

コラムカテゴリー

BtoC、BtoBを問わず
豊富なプロジェクト実績
大手企業からスタートアップまで

client_logo_recruit
client_logo_jal
client_logo_yahoo
client_logo_fastretailing
client_logo_canon
client_logo_kddi
client_logo_moneyforward
client_logo_shiseido
client_logo_smarthr
client_logo_tokyomarinenichido
client_logo_sompo
client_logo_tokyogasgroup
client_logo_pilot
client_logo_pesol
client_logo_nicha
client_logo_demaecan
client_logo_ntt
client_logo_ntteast
client_logo_hasekou
client_logo_msad
client_logo_josys
client_logo_caddi
client_logo_nihonchouzai
client_logo_denkei
client_logo_cbic
client_logo_deonatulle
client_logo_kokuyo
client_logo_sakura
client_logo_clinks
client_logo_kitamura
client_logo_meijiza
client_logo_herp
client_logo_bellface
client_logo_grobis
client_logo_yukijirushi
client_logo_nittetsu

動画制作・マーケティング
支援をご検討の方へ

お問合せやお見積りは、お電話またはフォームからお気軽にご連絡ください。
担当者よりご連絡を差し上げます。

お電話でも受け付けております。
お気軽にお電話ください。

icon_tel03-6260-6882

全国対応 平日10:00-19:00

partner_logo
PROOX
GoogleYahoo! JAPANの広告正規代理店、Criteoの認定テックパートナーです
float_btn_contact
float_btn_dl

お問い合わせ

03-6260-6882